ニュース

日本トレクス、スワップボデー車の生産拡大のため新工場を取得 日本トレクス、スワップボデー車の生産拡大のため新工場を取得

2019年10月15日 10:36 comment(0)

極東開発工業グループの日本トレクスは、現在関心が高まっている「ホワイト物流の推進」として期待されるスワップボデー車の需要拡大に対応するため愛知県豊川市御津(みと)2区工業用地内に新工場を取得した。国土交通省は、我が国の経済成長と国民生活を持続的に支える「強い物流」を実現するため、さまざまな取り組みを行なっている。その一つとして、少子高齢化に伴うドライバー不足および働き方改革実現のため、キャリアと荷...
スカニア、完全自律運転の大型コンセプトトラックを発表 スカニア、完全自律運転の大型コンセプトトラックを発表

2019年10月 1日 15:56 comment(0)

トレイトングループ(フォルクスワーゲンの商用車部門)傘下のスカニアは9月24日、完全自律運転の大型コンセプトトラック「スカニアAXL」を発表した。同車は鉱山や大規模な工事現場など広い閉鎖空間での運用を想定して開発されたもの。運転操作に関する制御をすべて車両側で行なうため、運転席(キャブ)が備わらないのが大きな特徴だ。センサー類はカメラ、レーダー、ライダー(Lidar)、そしてGPS受信機を搭載する...
新明和、塵芥車用巻き込まれ被害軽減装置「Smart eye motion」を発売 新明和、塵芥車用巻き込まれ被害軽減装置「Smart eye motion」を発売

2019年10月 1日 12:46 comment(0)

新明和工業は、塵芥車用巻き込まれ被害軽減装置「Smart eye motion」を開発し、10月1日に発売した。価格は35万4000円(消費税抜き)。2020年度の販売目標は100台となっている。塵芥車では、積込作業中に人が巻き込まれる傷害・死亡事故が発生することがあり対策が求められている。また、近年では少子高齢化による労働力・熟練者不足もあり、作業中に発生する事故の抑制・労働環境の改善が大きな課...
新明和、2、3t級回転板式塵芥車、新型「G-RX」を発売 新明和、2、3t級回転板式塵芥車、新型「G-RX」を発売

2019年10月 1日 11:53 comment(0)

新明和工業は、回転板式塵芥車「G-RX」の2、3t車級の新モデルを開発し、10月1日に発売した。新明和工業が発売した2、3t車級回転板式塵芥車、新型「G-RX」新モデルは、積込能力をはじめとする基本性能を格段に向上させ、また、より簡単に、誰でも安全に、安心して使えるような使いやすさを追求。ワンハンド開閉式テールゲート、ワンタッチ開閉式汚水タンクシャッター、開閉アシスト付大型ルーフカバーなど、作業時...
極東開発、2t車級回転板式ごみ収集車、新型「パックマンチルト」を発売 極東開発、2t車級回転板式ごみ収集車、新型「パックマンチルト」を発売

2019年10月 1日 10:50 comment(0)

極東開発工業は、2t車級回転板式ごみ収集車「パックマンチルト」をフルモデルチェンジし、10月10日より発売する。新型は、2017年11月にフルモデルチェンジした4t車級のプレス式「プレスパック」および回転板式「パックマンチルト」と、2018年5月にフルモデルチェンジした2t車級プレス式「プレスパック」との統一設計思想を採用。曲面を多用した美しく力強い洗練されたフォルムとスタイリッシュな外観に、さら...
三菱ふそう、「ファイター」2019年モデル 三菱ふそう、「ファイター」2019年モデル

2019年9月26日 15:31 comment(0)

さまざまなシーンを想定した先進安全装置とテレマティクス機能「トラックコネクト」を搭載三菱ふそうトラック・バスは、先進安全装置とテレマティクス機能を新たに搭載し、慢性的なドライバー不足に伴なう安全装置や運行効率化といった市場ニーズに対応した中型トラック「ファイター」の2019 年モデルを発表、全国の三菱ふそう販売会社及び三菱ふそう地域販売部門にて9月より販売を開始した。 4気筒および6気筒...
いすゞ、コネクテッドトラックによる新サービス提供に向けたトライアルを開始 いすゞ、コネクテッドトラックによる新サービス提供に向けたトライアルを開始

2019年9月24日 13:19 comment(0)

いすゞ自動車は、商用車におけるコネクテッド技術を活用し、商用車のお客の社会的課題解決に貢献する新たなサービスの創出を目指し、9月30日よりトライアルを開始する。いすゞは、2004年より商用車テレマティクス「みまもりくんオンラインサービス」を展開し、商用車におけるコネクテッド技術の活用にいち早く取り組んできた。2015年には大型トラック「ギガ」に情報通信端末を標準搭載。同時に車両データを活用した高度...
ミシュラン、トラック・バス用オールシーズンタイヤ「MICHELIN X Multi Grip Z」を11月発売 ミシュラン、トラック・バス用オールシーズンタイヤ「MICHELIN X Multi Grip Z」を11月発売

2019年9月20日 15:02 comment(0)

深溝でロングライフ、運輸事業者の生産性を最大化日本ミシュランタイヤは、トラック・バス用オールシーズンタイヤ「MICHELIN X Multi Grip Z(ミシュラン・エックス・マルチグリップ・ゼット)」を11月より販売する。サイズは11R22.5。同製品は、大型車の中・長距離車両向けに開発されたタイヤ。深溝による長寿命化、全天候に対応したオールシーズン使用可能、摩耗末期までグリップ性能を維持、耐...
西濃運輸、世界初の技術を搭載した大型ハイブリッドトラック「日野プロフィアハイブリッド」第1号車を導入 西濃運輸、世界初の技術を搭載した大型ハイブリッドトラック「日野プロフィアハイブリッド」第1号車を導入

2019年9月 5日 15:46 comment(0)

西濃運輸(本社:岐阜県大垣市)は、日野自動車が開発した世界初のハイブリッドシステム搭載の新大型ハイブリッドトラック「日野プロフィアハイブリッド」第1号車を導入し、9月4日に同社本社で納車式を行なった。左から日野自動車の山口参与、西濃運輸の神谷社長、セイノーホールディングスの田口社長、岐阜日野自動車の田口社長、日野自動車の渡部専務役員今回導入した「日野プロフィアハイブリッド」には、AIを活用した世界...
UDトラックス、レベル4自動運転の実証実験を公開 UDトラックス、レベル4自動運転の実証実験を公開

2019年9月 4日 11:09 comment(0)

UDトラックスは8月5日~8月29日にかけ北海道ホクレン農業協同組合連合会のホクレン中斜里製糖工場の敷地および隣接する公道の一部を使ったレベル4自動運転の実証実験を行なった。最終日となる29日には、政府、報道、業界関係者などを集め自動運転のデモンストレーションが公開された。今回の実証試験では自動運転の実用化(UDトラックスでは2030年までに自動運転トラック/電動トラックの実用化を目指すとしている...