ライター寄稿記事

ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月28日 11:08

下請けあれや・これや ここまで書いてきて、その頃下請けとしてやった仕事のあれこれが頭に浮かんできた。一番キラいだったのは、酒関係の配送で、これは僕の仲間の運転手に共通していた(その理由については別の機会に詳しく書くことにする)。酒関係といってもビール、ウイスキー、日本酒、焼酎があるが、僕はそのすべてを運んだ経験がある。ビールにいたっては全メーカーである。夏の最盛期と年末は必ず一週間単位で2~3台の...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月26日 10:38

運転手にそれ相応の報酬を! 運送業はあくまでもサービス業であり、その中心はあくまでも運転手である。単にA地点のものをB地点に移動するのが運送業であると考えるのは大間違いで、その間のすべての作業を円滑に行い、荷主に安心と満足を与えるのも運送業なのである。しかし、それを一方的に運転手の自覚の問題として論ずるのは、お門違いというものだろう。その職業に自覚と責任を要求するのであれば、それ相応の報酬を約束す...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月24日 14:15

最後になればスズメの涙それだけさまざまな会社を経れば、当然運賃も中間で搾取されて下がる。月極めの運転手はまだしも、運賃を歩合制でもらっている運転手や個人の持ち込みでやっている運転手にとって、孫請け(下請けの下請け)や曾孫請け(さらにその下)の仕事は、決して率のいい仕事ではない。自分が勤めていたりクルマを持ち込んでいる会社が請けてくるので、ブツブツ言いながらも仕方なくやるのである。しかしそれだけ中間...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月21日 10:11

外人部隊といえばカッコいいけど... もちろん、運転手の質は大手運送会社か中小かによって決まるものではない。M運送の運転手は質が高かったから(あくまでも運転手としてで、人間的な問題はさておく)、引っ越しに行っても問題はなかった。自慢ではないが、特に僕とてっちゃん(同僚の運転手で一番仲が良かった)のコンビは、N通運から「ぜひあのふたりをお願いしたい」と指名が来るほど、高い技術とサービスを誇っていたの...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月19日 12:09

下請け・孫請け・ひ孫請けの実態 問題は「R運送から来た」と言っても「何のことかわからん」という顔をされた場合。この場合には、R運送の上に、もうひとつ運送会社が絡んでいる場合が多い。しかしそんなことは僕たちにまるで関係ないので、「この運送会社はいったい誰が頼んだのか」を探すのはなかなか大変である。これは、考えてみるとすごいことである。たとえば、AさんがN通運に引っ越しを依頼したとする。Aさんは当然N...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月18日 06:02

下請け・孫請けは当たり前 さて、そんな関係でR運送の下請けとして、実にたくさんの運送会社にスポットとして仕事に行った。このR運送は先にあげた建材配送専門で、僕が持ち込みで行っていたM運送にもスポットで仕事を出していたので、4年半近い運転手生活の中で、R運送の下請けとしてした仕事は数え切れない。ただし、R運送の下請けと言い切っていいかどうは疑問だったが...。たとえば、日本最大手のN通運に引っ越しの...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月16日 16:52

運送会社の手配師 仕事を出す側の大手運送会社にとっても、R運送は実に都合のいい会社だったと思う。これは想像だが、R運送は依頼があった仕事はほとんど断ったことがなかったのではないだろうか。「明日○台頼む」と言われれば、仕事の内容もよく確認せずに仕事を請けてしまう。そして、自分の知っている限りの運送会社に電話を掛けまくり、必要な台数のクルマを集めるのである。こうして集めるクルマだから、どうしても当たり...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月15日 11:21

下請けの悲哀ひしひし さて、僕が一番下請けの悲哀を味わい、また運送業界における下請け制度のすさまじさを感じたのは、運転手になって半年から一年たった頃だった。自分自身の不注意で印刷会社の荷物を配達中に落としてしまい、連帯責任で一挙に会社のクルマ3台が「明日から来なくていいよ」と言い渡されて、腰掛けのつもりだったのが、やめるにやめられなくなったときだった。とにかく突然仕事がなくなってしまったので、オヤ...
長野潤一のトラッカーズアイ 長野潤一のトラッカーズアイ

2011年7月13日 12:29

UDトラックス新型コンドル・ファーストインプレッション 18年ぶりにフルモデルチェンジしたUDトラックスの中型トラック「コンドルМK/LK」のプレス向けの発表・試乗会が7月11日、埼玉県・上尾の同社本社工場で行なわれた。現役トラックドライバーである長野潤一がそのインプレッションをお伝えしたい。 キャビンを18年ぶりに一新まず、キャビンのデザインだが、ヘッドランプがバンパーに組み込まれ、より精悍な印...
ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇 ビンボー運ちゃん青春記 第四部 下請けは哀しからずや篇

2011年7月13日 07:35

運送会社の下請けの特徴 もちろん、運送業界にかかわらず、すべての下請けはそうした事態から親会社を守るためにあると言ってもいいから、少なからずそういう事態はあると思う。しかし、運送会社、特にそこに従事する運転手にとって、下請けとして行く運送会社の仕事は、そこに行ってみないとどんなものだか種類がわからない場合が多いのである。一般のメーカーなどの場合、どんな形であれ、請けた仕事がどんな種類のものかわから...