2021年3月23日 15:00
三菱ふそう、中型トラック「ファイター」新型モデルを発売
三菱ふそうトラック・バスは、先進安全装備を強化した中型トラック「ファイター」の新型モデルを発表し、3月より順次販売を開始する。

210323NEWS_FUSOFIGHTER1.jpg
新型「ファイター」

新型「ファイター」は、衝突被害軽減ブレーキ「アクティブ・ブレーキ・アシスト5(ABA5)」を新たに全車標準装備し、さらに進化した先進安全予防システムを実現。「ABA5」は前方認識カメラと高精度ミリ波レーダーで前方の交通状況を検知し、走行・静止車両および歩行者などに対して衝突の危険性がある場合にブザーとモニター表示で警報し、さらに必要に応じてブレーキを作動させて衝突回避をサポートする。「ABA5」の搭載によってさらに高精度な検知が可能となり、高速道路走行時に前走車が停止している場合や、移動中の歩行者との衝突回避も新たに可能となった。

運転の注意力低下を監視し警告する「アテンション・アシスト」、車両を安定させ横転を抑制する「ESP(車両安定性制御装置)」、左折巻き込み事故を抑制する「アクティブ・サイドガード・アシスト」に加え、「ABA5」を新規搭載することで、一段と高度な安全輸送をサポートする。

210323NEWS_FUSOFIGHTER3.jpg
アクティブ・ブレーキ・アシスト5

新型「ファイター」は各種法規にも対応し、車両およびドライバーの安全もサポート。「後部突入防止装置」および「前部潜り込み防止装置」を搭載し、車両の突入防止性能を強化。また、乗員を守るために備えて衝撃緩和構造を採用したほか、燃料漏れ防止基準に対応させた燃料タンクを装備し、万一の事故時に燃料漏れ防止と車両火災防止を図る。

新型モデルでは、新たな外観とともに優れた快適性も提供。フロントグリル周りをブラックに統一し、「エコ」「プロ」「プレミアム」の3つのグレードを展開。インテリアは高いホールド性を持ち、快適で披露を軽減する運転席シート、大型アシストグリップの採用により優れた乗降性も提供。また、手元でスイッチを快適に操作できるステアリングスイッチや、Bluetooth対応でハンズフリー通話なども可能なAM/FMラジオも全車標準装備し、運転披露のj軽減と、より快適な運転操作を提供する。

210323NEWS_FUSOFIGHTER2.jpg
新型「ファイター」のインテリア

また、テレマティクス機能「Truckonnect(トラックコネクト)」により、車両のみならず輸送サービスの効率性にも貢献。前モデルよりトラックトラックコネクト用の通信端末を全車標準装備し、稼働中の車両の位置情報、安全スコア、運行稼働率、燃費や、遠隔診断を通じた故障の検知などをインターネット経由でリアルタイムに確認できる。デジタルタコグラフとの連動も可能で、より高精度な運行記録を遠隔でPCからデータ入手でき、トラックの稼働状況の可視化により輸送サービスの効率性向上もサポートする。

●車両スペックおよび東京地区販売価格
車型:2KG-FK72FJ
エンジン:6M60(T4)型 220PS
トランスミッション:6段マニュアル
主な仕様:GVW8t、平ボディ完成車、ショートキャブ、リーフサス
税込価格:833万円1400円






コメントする