2021年3月17日 17:23
UDの国際トラックドライバーコンテストの授賞式がバーチャルで開催
◆UDエクスラマイルチャレンジ2020

20210317udextramile1.png

UDトラックスが主催する世界中のトラックドライバー(UDユーザー)のなかからドライバーの技術を競う「UDエクストラマイルチャレンジ2020」の授賞式が3月16日、オンラインで開催された。

2015年から開催してきた同イベントは、各国で開催される予選を勝ち抜いたドライバーが、決勝戦が行なわれる埼玉県上尾のUDトラックス本社工場のUDエスペリエンスセンターに集結し、大型トラックの「クオン」と「クエスター(海外専用モデル)」を用いた「始業点検」「燃費効率・安全運転」「操作・駐車技術」という種目で、運行技能を競う。

優勝した暁には「Ultimate Driverー究極のドライバー」の称号が与えられるというモノ......であったが、今大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で決勝戦はキャンセル。

そのかわりに予選を勝ち抜いた9カ国10名のドライバーを「Ultimate Driverー究極のドライバー」としてオンライン上で表彰するカタチがとられた。

2020年大会は新型コロナの影響で日本からの参加者はなかったが、総勢500名以上が参加し、わずか3カ国(オーストラリア・南アフリカ・日本)で始まった2015年大会から比べると大規模イベントに成長。オーストラリア、南アフリカ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、カタール、アブダビなど主な市場となるすべての国で予選が行なわれた。

また、UDトラックスは今後いすゞグループとなるが、エクストラマイルチャレンジをマーケティングコミュニケーションの核と位置づけ、今後もイベントを継続していきたい意向を示した。

20210317udextramaile2.jpeg
ZOOMで開催されたエクストラマイルチャレンジ2020の授賞式。予選を勝ち抜いた9カ国10名のトラックドライバーの表彰が行なわれ、「Ultimate Driverー究極のドライバー」の証となる白いキャップや日本への航空チケット引換証などが贈呈された


コメントする