2020年12月 9日 12:15
チョットだけよ~! 最新「フルロード」冬来たりなば春遠からじだ! 第10報
誌上開催! 「IAA国際商用車ショー2020」に出展予定だった車両を一挙公開!

世界最大の商用車の展示会といえば「IAA国際商用車ショー」ですが、本来なら「ビヨンド・トランスポート&ロジスティクス」をテーマに9月24日から30日まで開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の大の影響で、やむなく中止に......。でも、ダイムラーやZFなどは本来の開催期間に合わせ、IAA向けに用意していたと思しき車両や技術の発表イベントを開催。そのほかにもオンラインで発表を行なったメーカーもあります。それなら本誌で「IAA2020」を誌上開催しちゃおうというのがこの企画。そういえば第37号でも新型コロナで中止になった「ジャパントラックショー2020」を誌上開催しましたっけ。ま、コロナ禍で中止になったイベントを「幻」に終わらせないための本誌の常套手段ってわけですが、「IAA2020}は誌上開催でもスゴいですよ! ダイムラーからは、電動車両の進化版「メルセデスベンツ・eアクトロス」や特装系の新型アロクス、ボルボからはFH/FМ/FМXの電動モデル、DAFからはCFエレクトリック、スカニアからはP/LシリーズをベースにしたEV&プラグインハイブリッドの2本立て、MANからはフルモデルチェンジした新型TGXが「2021インターナショナル・トラック・オブ・ザ・イヤー」を獲得したというホットニュースも飛び込んできました。また、ZFは電動モーターを組み込んだセミトレーラやトラクタ/トレーラの自動カップリングを初公開。そのほかにもたくさんのショーモデルが登場しますので、乞うご期待!

iaa20C0486_001.jpg

コメントする