2020年10月27日 14:03
日野と大林組、ダム建設現場で大型ダンプトラックの自動運転実証実験を実施
日野自動車と大林組は、建設業における現場作業員の高齢化や就労人口の減少による労働力不足、夜間や単調作業の生産性向上などの課題解決に向け、大型ダンプトラックによる自動運転(レベル4相当/限定領域内の無人走行を想定した自動運転)の実証実験を、実際のダム建設現場である川上ダム(三重県伊賀市)で11月1日から1カ月半実施する。

日野は、建設業を含むユーザーのビジネス課題の解決に向け、車両の自動化などのCASE(Connected/コネクテッド、Autonomous/自動運転、Shared/シェア、Electric/電動化の頭文字からとった造語。新しい領域で技術革新、自動車業界を取り巻く変革の動き)を活用し、ユーザー起点のソリューションの実現を目指している。

大林組は、省人化や生産性向上といった課題を解決すべく、建機の自動化や自動建機群を一元管理するプラットフォームの構築を目指し、建設現場のロボディクスコンストラクション(BIM、CIMなどの技術を用いて現実空間とバーチャル空間を結び、建設プロセスを高度化させる概念で、施工においては遠隔化、自動化を活用し現場の完全無人化を目指す)を推進している。

今回の実証実験では、夜間の建設現場で稼働する現場内の搬送ダンプに、自動運転車を1台導入。友人ダンプと自動運転車が混在した交通下における運行への影響や全車自動運転車だけでの運用を検討する。また、建設現場の自動化に向けて建機連携を念頭に置き、データを取得することを主な目的としている。

●自動運転車両および利用システム
本実証で使用する自動運転車は、ベース車両である大型トラック「日野プロフィア」に自動運転技術を搭載し、約1.3kmを最高30km/hで走行。車両の走行位置や経路は、GNSSデータ(Global Navigation Satellite System、GPSなど全地球衛星測位システム)、カメラ、LiDAR(Single Photon Avalanche Diode Light Detection And Ranging、周辺環境の立体的な様子を捉える技術や機器)で把握し、前走車がいる場合は全車速ACC(Adaptive Cruise Control/車間距離制御装置、前走車と自社の距離を自車の機器で計測・算出し、一定に保つ機能)で安全な車間距離を保ち、人および障害物を検知すると停止する。本実証では安全を最優先し、想定外の事象に備えてシステム監視者が乗車する。

201027news_hino1.jpg
車両外観


●走行ルート
日々採取先が変わるコンクリート骨材ヤードの位置に応じて設定する。狭いカーブや悪路、急勾配も含み、有人ダンプと混在した現実的な環境下での実証実験を実施する。

201027news_hino2.jpg
走行ルート


本実証の結果を踏まえ、今後は荷積み・運搬・荷降ろしまで一貫したオペレーションや、複数台の自動運転車を活用した現場における運用の新たな構築を目指し、開発や導入に向けた実証を検討していく。

201027news_hino3.jpg201027news_hino4.jpg
現場での走行テストの様子

●Youtube車両紹介動画URL






コメントする