2020年10月16日 16:10
日野とMOBILOTS、「ICT予防整備モニタリングサービス」のトライアルを開始
日野自動車とグループ会社のMOBILOTSは、コネクテッド技術を活用した予防整備を通じ、ユーザー車両の稼働最大化に貢献するための「ICT予防整備モニタリングサービス」のトライアルを、2020年10月から順次開始する。

「ICT予防整備モニタリングサービス」は、日野が全国販売会社と進めているコネクテッド技術を活用した予防整備提案に、MOBILOTSが提供するメンテナンスサービスを組み合わせたもの。車両から収集した各種データをもとに将来の車両不調につながる予兆をモニタリングし、不調が発生する前に予防整備を実施する。ユーザー車両の予期せぬ稼働停止につながる突発的な不調を低減することで、稼働時間の最大化に貢献する。

●新サービスにより期待されるユーザーのメリット
・突発不調リスク低減/トータル整備時間短縮(車両のアップタイム向上/ダウンタイム削減)
・毎月定額のメンテナンス料で日野のコネクテッド技術を活用した予防整備が可能
・車両に関する各種追加コストの低減(臨時整備費用等)

201016NEWS_HINO.jpg

日野は、ユーザーごとに「最適にカスタマイズされたトータルサポート」の実現に向け、2017年以降に発売した日野プロフィア、日野レンジャー、日野セレガ、2019年以降に発売した日野デュトロ(一部車型を除く)に通信端末を搭載。ICTサービス「HINO CONNECT」をはじめ各種サービスの展開を進めている。

MOBILOTSは、2029年10月1日に営業開始。トラック・バス等の商用車を使用するユーザーへ、車両導入時のファイナンスメニュー(リース・割賦)および、車両管理や車両整備を含むメンテナンスサービスを提供している。

日野は、経営戦略「Challenge2025(2018年10月発表)」で提示した「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現に向け、複雑化しているユーザーと社会の課題を、3つの方向性「安全・環境技術を追求した最適商品」「再考にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の取り組みで複合的に解決することを目指している。そのうちの1つ、「再考にカスタマイズされたトータルサポート」を実現する施策の1つとして、コネクテッド技術を活用した予防整備を積極的に推進している。

これまでは、走行距離や経過時間を基準にして部品交換の提案をしていたが、2020年2月より全国反射でコネクテッド技術を活用した予防整備提案を開始。車両から稼働情報をリアルタイムで収集・分析し、不具合の予兆を検知した場合には定期点検等の機会を利用した予防整備を提案する。現時点の対象部品はDPRフィルターなど約20項目だが、今後順次拡大していく予定としている。

また、将来的には入庫から整備完了まで徹底的に効率化した最適な計画整備の実施や、積荷情報なども含めてサポー星、さまざまなユーザーのニーズに応えるワンストップサービスなど、車両1台ごろに最適なOne to Oneサポートを提供することを目指している。






コメントする