2020年9月 9日 11:37
チョットだけよ~! 最新「フルロード」エッセンシャルワーカーにエールを! 第11報
三菱ふそうの水素燃料電池トラック「eキャンターF-CELL」に試乗

三菱ふそうトラック・バスが開発した水素燃料電池小型トラック「eキャンター F-CELL」に試乗する機会を得ました。ダイムラーAGのトラック・バス部門はパリ協定にコミットし、2039年までに欧州・日本・北米地域の主要3市場に投入する新型車両をCO2ニュートラルにするビジョンを提示。 ダイムラー・トラックグループの一員である三菱ふそうは今年3月、 燃料電池トラックの量産を2020年代後半までに開始すると発表しています。今回試乗したのはあくまでコンセプト車両ですが、走りの感覚はベースの「eキャンター」にほど近い印象。300㎞の航続距離と短い燃料充填時間、ディーゼル車並みの積載量など目標値ながらスペックも魅力的で、量産モデルの仕上がりが楽しみですね。未来がぐっと近づいていることを実感させる解説&試乗です!

fcell20200831fcell_1.jpg

コメントする