2020年6月 5日 13:05
UD、クオンにショートキャブ車を追加設定し新発売
キャブ前後長295mm短縮で荷台内法長10.02mを実現
8リットルエンジン採用で約300kgの軽量化を達成

UDトラックスは、大型トラック「クオン」にショートキャブ車を追加設定し、6月1日より全国一斉に発売を開始した。希望小売価格(2PG-CG4CA)は2006万1000円(税込2206万7100円)となっている。

quonCG-shortcab_s.jpgquonCD-shortcab_s.jpg
クオンショートキャブ車CG(左)とCD(右)

新たに追加設定されたクオンのショートキャブ車は、従来車に比べキャブ前後長を295mm短縮。さらに徹底した細部の検証により荷台内法長10.02mを実現し、充実した荷台容積を確保。また、8リットルエンジンを採用することで、約300kgのシャシー軽量化を実現。今回追加するショートキャブ車は、特に人手不足が顕著な長距離輸送における積載率を高め、都市間輸送における輸送効率を最適化することで、ユーザーの生産性を高め、ビジネスの成功に寄与する。

同社・国内営業部門車両営業本部マーケティング・戦略企画担当ダイレクターの雪下直昭氏は「力強いトルクの8リットルエンジンとショートキャブの採用により、生産性を最大限に高めた新しいクオンがラインナップに加わることにより、多様化するお客様のニーズに対して新たなソリューションを提供する。また、都市間輸送における輸送効率と労働生産性を高めることで、長距離輸送におけるトラックドライバーの負担を軽減し、物流業界における新たな働き方をサポートすることを期待している」と述べている。

●クオン・ショートキャブ車の特徴
・充実な荷台容積
フルキャブと比較して荷台スペースにT11パレットを+2枚分の容積を追加
・生産性と快適な走りを両立
8リットルエンジンと電子制御式オートマチックトランスミッションESCOT-Ⅵを搭載することで、積載能力を支えうる充分な馬力とトルクがスムーズでストレスの少ない快適な走りを提供する。







コメントする