2020年3月30日 11:01
5Gの車両間通信を活用、新東名でトラック隊列走行の実証実験に成功
ソフトバンクとワイヤレスシティプランニング(WCP)は、第5世代移動通信システム(5G)の新たな無線方式(5G-NR)の無線伝送技術に基づく車両間通信を活用して、新東名高速道路でトラック隊列走行(先頭車両が有人運転で、後続車両が自動運転で先頭車両を追従)の実証実験を実施。

「5G-NR」の高信頼・低遅延という特長を活かして隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有し、目標車間距離10mで後続車両の自動運転(車間距離自動制御および自動操舵制御)を行なうことに成功した。

トラックの隊列走行においては、車両間でのリアルタイムの制御情報の共有や、隊列後方の安全確認のために後続車両周辺監視用の大容量動画像を後続車両から先頭車両へリアルタイムに伝送する必要がある。

これらの通信には、高信頼・低遅延かつ大容量通信が可能な5Gが期待されている。今回の実証実験の成功は、車両間制御の安定化や高信頼化、後方安全確認時の視認性の向上に貢献するもので、ソフトバンクとWCPはトラック隊列走行の早期実用化に向けて引き続き実験を推進する。

▪実証実験の概要
新東名高速道路の試験区間(約20km)を時速約80kmで走行する3台のトラック車両間で、5Gの車両間通信(4.5GHz帯使用、無線区間の伝送遅延1ms以下)を活用して位置情報や速度情報、操舵情報などを共有し、目標車間距離10mでのCACC(協調型車間距離維持制御)に加えて、リアルタイムで後続車両の自動操舵制御を実施。

実験は一般車両が走行する高速道路(公道)という実用的な環境下で行ない、トンネル内を含む試験区間において、10mという短い車間距離での安定した隊列維持に成功した。

〈実験日〉
2020年2月27日〜28日

〈実験の構成〉
5g10m_1.png

〈実験の様子(静岡県内)〉
5g10m_6.png





コメントする