2020年3月26日 15:02
三菱ふそう、2020年代後半までに燃料電池トラックを量産へ
三菱ふそうトラック・バスは3月26日、CO2排出削減を通じた環境への取り組みをさらに加速し、2039年までに国内に投入するすべての新車を走行時にCO2を排出しないCO2ニュートラル車にするビジョンを発表。この取り組みに伴い、燃料電池トラックの量産を2020年代後半までに開始する。

世界最大の自動車メーカーである独ダイムラーの一員として、同社はパリ協定にコミットし、2039年までに国内に投入するすべてのトラック・バスの新型車両をCO2ニュートラルにするビジョンを提示。CO2排出ゼロの輸送や環境への配慮に対する関心は世界的にますます高まりを見せており、日々変化する業界の動きや顧客のニーズに対応するためには、先進技術の採用が不可欠。同社では、真のCO2ニュートラルの輸送は、バッテリー式電気自動車、または水素を燃料とする燃料電池自動車のいずれかのみで実現すると考えているという。

同社はCO2排出削減の課題解決に向けたソリューションとして、2017年に初の量産型電気小型トラック「eCanter」の販売を開始し、商用車のゼロエミッション化を先導。車両総重量7.5トンクラスの「eCanter」はルート配送や都市部での走行などに適しており、1回の充電で約100kmの走行が可能。これまでに日本、欧州および米国で合計150台以上がすでに稼働中であり、走行実績はグローバルで合計160万km以上に達する。

同社はこのCO2削減に向けた取り組みを今後さらに加速し、2020年代後半までに燃料電池トラックの量産も開始する。2019年の東京モーターショーで同社は燃料電池小型トラックのコンセプトカー「Vision F-Cell」を初公開し、今回「eCanter F-Cell」として新たに改良した同コンセプトカーを公開。車両総重量7.5トンクラスの同コンセプトカーは、より高いエネルギー密度の高圧水素を用いることで、最大で300kmの走行を可能にするほか、水素の充電時間も10分以内と、電気自動車の充電時間に比べて大幅に短縮。同社は電気自動車と燃料電池自動車は目的に応じてそれぞれ利点を持ち、顧客の個別の輸送ニーズを満たすために、相互に補完し合うとしている。

200326mftbc_2S.jpg
2020年代後半に量産予定の「eCanter F-Cell」コンセプト

また同社はダイムラーのトラック・バス部門が2018年に立ち上げたeモビリティの研究開発を行なう組織「Electric Mobility Group(EMG)」の一員として、商用車の電動化における研究開発や戦略策定に参画。より進化した機能を持つ電気小型トラック「eCanter」の開発だけでなく、今後すべてのトラック・バスを電動化する、としている。

「三菱ふそうは商用車のゼロエミッション化において、世界で先導的役割を担っています 。ダイムラーグループのネットワークと技術を活用して先進的なeモビリティを開発し、モビリティを開発し、CO2ニュートラルの運輸を実現することが我々のビジョンです。このビジョンを実現運輸を実現することが我々のビジョンです。電気自動車や燃料電気自動車の充電・充填設備の整備、水素インフラの整備および、車両購入時の補助金といった政府からの支援が必要です。三菱ふそうはCO2ニュートラルの車両をお客様に届け、より優れたソリューションを提供向けてより優れたソリューションを提供し続けるし続けることを目指します(三菱ふそうトラック・バス 代表代表取締役社長、ハートムット・シック)」







コメントする