2020年2月14日 16:13
ヤマト運輸、いすゞ「エルフEVウォークスルーバン」を導入
今日から神奈川県藤沢市でモニター運行を開始

ヤマト運輸は2月14日、いすゞ自動車が開発した「エルフEVウォークスルーバン」を導入したと発表した。

ヤマトグループは、1月23日に発表した経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」の環境ビジョンとして、「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」を掲げ、環境や生活、経済により良い物流の構築を目指している。その実現に向けて、車両のEV化を重視し、これまでも日本で初めての宅配に特化した小型商用EVトラック(車両総重量3.5t未満、普通免許で運転可)をストリートスクーター社と共同開発し、導入を進めてきた。

news_200214-4.jpg
ヤマト運輸が導入した、いすゞ「エルフEVウォークスルーバン」

そして今回、中型商用トラック(車両総重量3.5t以上7.5t未満、準中型免許以上で運転可能)のEV化に向けて、いすゞ自動車が開発した「エルフEVウォークスルーバン」を1台導入する。

エルフEVウォークスルーバンは、EVであるとともに、クルマから降りることなく運転席から荷台へ移動できる「ウォークスルー構造」となっており、CO2削減とセールスドライバーの労働環境工場に寄与するもの。

同社は「グリーン物流」の実現に向け、小型商用EVトラックの導入に続き、中型商用EVトラックの本格導入に向け、神奈川県藤沢市でモニター稼働を実施する。

news_200214-3.jpg news_200214-5.jpg

news_200214-6.jpg news_200214-8.jpg

●エルフEVウォークスルーバンの特徴
①導入により期待される効果・価値
・CO2削減、大気汚染物質の削減、EVの普及への貢献
・「ウォークスルー」構造によるセールスドライバーの作業負荷軽減
②開発メーカー
・いすゞ自動車
③車両スペック
・乗車定員:2名
・車両総重量:4970kg
・最大積載量:1850kg
・最大出力:83kw(約112.8PS)
・最大トルク:305Nm(約31.1kgm)

●導入地域と台数
①導入地域:神奈川県藤沢市
②導入台数:1台
③モニター開始日:2月14日





コメントする