2019年10月 1日 15:56
スカニア、完全自律運転の大型コンセプトトラックを発表
トレイトングループ(フォルクスワーゲンの商用車部門)傘下のスカニアは9月24日、完全自律運転の大型コンセプトトラック「スカニアAXL」を発表した。

191001news_scania01.jpg

同車は鉱山や大規模な工事現場など広い閉鎖空間での運用を想定して開発されたもの。運転操作に関する制御をすべて車両側で行なうため、運転席(キャブ)が備わらないのが大きな特徴だ。センサー類はカメラ、レーダー、ライダー(Lidar)、そしてGPS受信機を搭載する。

エンジンはボンネットトラックから運転席部分を取り払ったようなフロント部分に搭載。燃料には再生可能なバイオ燃料を用いるという。ボディはダンプ架装。詳細なスペックは不明だ。

同車はトレイトングループが10月2日に行なうイベント「イノベーションデイ」で公開される予定。

191001news_scania02.jpg





コメントする