2019年10月 1日 10:50
極東開発、2t車級回転板式ごみ収集車、新型「パックマンチルト」を発売
極東開発工業は、2t車級回転板式ごみ収集車「パックマンチルト」をフルモデルチェンジし、10月10日より発売する。

新型は、2017年11月にフルモデルチェンジした4t車級のプレス式「プレスパック」および回転板式「パックマンチルト」と、2018年5月にフルモデルチェンジした2t車級プレス式「プレスパック」との統一設計思想を採用。曲面を多用した美しく力強い洗練されたフォルムとスタイリッシュな外観に、さらなる一体感を与える専用設計のLEDリアコンビネーションランプを採用し、街の景観に優しく溶け込むスタイルとした。また、クラス最大級の投入口幅や一体型ハンドルなど使いやすさも見直し、よりスムーズかつ効率的な作業が可能に。なお、今回の2t車級回転板式のフルモデルチェンジにより、同社の新型ごみ収集車の基本ラインナップが完成することになる。

191001news_kyokuto01.jpg
新型「パックマンチルト」


●新型2t車級回転板式ごみ収集車「パックマンチルト」の特徴
①美しく力強いフォルム
同社の新型ごみ収集車の統一設計思想を採用。街の景観に優しく溶け込む、曲面を多用した美しく力強いフォルムとなっている。
②専用設計のLEDテールランプで視認性を向上
テールランプに専用設計のLEDリアコンビネーションランプを採用。スタイリッシュなデザインにさらなる一体感を与えるとともに、車両後方および側方からの視認性を向上し、安全な収集作業に貢献する。
③クラス最大級の投入口幅を確保
クラス最大級の投入口幅を確保(2t車で1440mm、3.5t車で1685mm)。ワイドな投入口により効率的にごみの投入を行なうことが可能となる。
④一体型ワンタッチハンドルの採用などにより、インナースライドカバーの操作性を向上
新たに採用した一体型ワンタッチハンドルや、スライド機構を最適化したインナースライドカバーを標準装備とし、スムーズな開閉操作を実現した。
⑤キャブ内操作スイッチの操作性と視認性を向上
キャブ内操作スイッチの形状を変更し、スイッチランプにLEDを採用。操作性と視認性を向上した。
⑥開閉式ポケットを設置
テールゲートのサイドカバーに大容量の開閉式ポケットを装備。作業に必要な用品の収納ができ、走行時の内容物の脱落防止にも寄与する。
191001news_kyokuto02.jpg
(左)GB44-822(ボディ容積4.4㎥、2t車ベース)
(右)GB62-832(ボディ容積6.2㎥、3.5t車ベース)


販売価格は、GB44-822(ボディ容積4.4㎥、2t車ベース)が390万円、GB62-832(ボディ容積6.2㎥、3.5t車ベース)が458万円となっている(希望小売価格、シャシー価格・消費税抜き)。


コメントする