2019年5月10日 17:59
三菱ふそう、小型トラック「キャンター」2019モデルを発売
三菱ふそうトラック・バスは、小型トラック「キャンター」2019モデルを発表した。GVW7.5t以下は5月、GVW7.5t超は7月より全国の三菱ふそう販売会社、および三菱ふそう地域販売部門から販売を開始する。

190510news_canter.jpg

小型トラック「キャンター」2019年モデルはGVW7.5t以下全車でも平成28年度排出ガス規制に適合し、加えてGVW7.5t超クラスでJ-OBDⅡ(車載式故障診断装置)規格に対応。また、2018年モデルGVW7.5t以下車両に搭載済みの「衝突被害軽減ブレーキ」、「車両安定性制御装置」と「車線逸脱警報装置」を含む先進安全技術をGVW7.5t超クラスにも拡大展開。新たに電気式のブレーキ摩耗インジケータを全車に導入し、安全性をさらにアップ。そしてBluetoothオーディオシステム、エンジン始動の際にECOモードがオンになる改善を行なうことにより快適性と燃費性能を向上した。

●「キャンター」2019年モデルの特徴
・ブレーキ摩耗インジケータ導入(全モデル標準装備、高床4WD/FGB70のぞく)
ブレーキパッド内に配置されたセンサーを介して、ブレーキパッドが摩耗した場合にドライバーに警告する(定期的な直接確認を推奨)

・衝突被害軽減ブレーキ(AEBS:Advanced Emergency Braking System)
フロントバンパーに搭載したミリ波レーダーにより、前方の装甲車両または停止車両、さらに歩行者を検知し、衝突の危険を察知するとドライバーに警報を発し、衝突の危険が高まるとブレーキを自動的に作動し、衝突回避や衝突時の被害軽減をサポートする。

・車両安定性制御装置
車両姿勢を常にセンサーにて感知しカーブでの横滑り、横転等の危険性が生じた場合、エンジン出力や4輪のブレーキ力を最適に制御し、危険回避をサポートする。

・車線逸脱警報装置
高速道路などでウインカー操作を行なわず、車両が車線を逸脱した場合、白線認識カメラが逸脱を検知し、ドライバーにブザーとメータークラスター内のマルチ情報システム「Ivis」の表示で安全走行を促す。

・電動パーキングブレーキ(EPB:Electric Parking Brake)※オプション
電動モーターのアシストにより、軽い操作力でパーキングブレーキの作動、解除が可能。坂道などの駐車時においても、より安定した制動力を保持する。

・Duinic 2.0 Ecoモード(全モデル)
エンジン始動の際に、標準設定としてEcoモードがオンになることにより、燃費向上につながる。

・Bluetoothオーディオシステム(全モデル ※スライドドア付塵芥車のぞく)
BluetoothとUSBポート搭載によりスマートフォンや他の機器と接続が可能。





コメントする