2019年4月23日 16:59
トヨタ、米LA港プロジェクトに投入するFC大型商用トラックを公開
・プロジェクト開始に先立ち、パートナーとともにロサンゼルス港でお披露目イベントを開催
・ロサンゼルス市港湾局主導のプロジェクトにおいて、トヨタはケンワースとともに貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指してFC大型商用トラックを10台投入
・今年秋からFC大型商用トラックの貨物輸送オペレーションを開始

トヨタ自動車の北米事業体、Toyota Motor North Americaは4月22日、米国キャリフォルニア州ロサンゼルス港で開催された、貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指しロサンゼルス市港湾局が推進するプロジェクトのお披露目イベントにおいて、米トラックメーカーのケンワースと共同開発した燃料電池(FC)大型商用トラックを公開した。今年秋からこのトラックを用いた貨物輸送オペレーションを開始する予定だ。

20190423_01_01.jpg


トヨタは、持続可能なモビリティ社会の実現に向けて、かねてより全方位での電動化を進めてきた。なかでもFC技術は、その環境性能に加え、利便性や汎用性の高さから将来の有力なパワートレインと位置付け、商用車も含めた開発・実証を進めている。米国カリフォルニアにおいては、商用トラックへのFC技術展開の可能性を検証するためFC大型商用トラックを試作し、2017年よりロサンゼルス港湾地域での実証を行なってきた。2018年には実証を踏まえトラックの一部改良を行なうなど改善を続けてきたが、今回のプロジェクトはこれまでの実証を発展させ、実用化に向けた歩みを進めるものとしてさまざまなパートナーとともに取り組んでいる。

本プロジェクトは、貨物輸送トラックによる大気汚染問題が深刻なロサンゼルス港やロングビーチ港において、FC技術などを用いた貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指し、ロサンゼルス市港湾局が中心となって進めているもので、「ZANZEFF:Zero-and Near Zero-Emission Freight Facillities Project」と呼ばれている。トヨタはケンワースやエネルギー企業のシェルなどとともに参画している。本プロジェクトはカリフォルニア州大気資源局(CARB:California Aria Resources Board)より全体費用(約8300万ドル)の約半分となる4100万ドルの補助を受けている。

プロジェクトにおける具体的な取り組みは以下の通り。これらの取り組みを段階的に進め、最終的には500t以上の温室効果ガスと、窒素酸化物やPM10などの有害物質を0.72t削減することを目指す。

●FC大型商用トラックを10台導入
プロジェクトで使用するFC大型商用トラックはトヨタが2017年から行なってきた1万4000マイル以上の走行実証で得られた知見をもとに、ケンワースのトラック「T680」をベースに用いて、パワートレインはトヨタ「ミライ」のFCシステムを応用して搭載。航続可能距離は平均的な1日の運行距離の2倍となる300マイル(約480km)となる。

20190423_01_02.jpg

ロサンゼルス港を拠点に、近隣のインランド・エンパイア地域やウィーニーミー港周辺のほか、北部のメルセド郡などのエリアで貨物輸送を行なう予定。今年秋から1台目のオペレーションを開始し、順次10台まで拡充していく。運行においてはトヨタの物流事業を担うToyota Logistict Servicesに加え、一般の貨物運送会社(United Parcel Services、Toyota Transportation Services、Southern Counties Express)も参画する。



20190423_01_03.jpg


●大型水素ステーションを2基新設
シェルはロサンゼルス市のウィルミントン地区と内陸部のオンタリオ市に、FC大型商用トラック向けに大型水素ステーション2基を新たに建設する。プロジェクトでは、バイオマスから水素を作るTri-Gen(トライジェン)のステーションも含めた、トヨタの施設内にある3つのステーションとともに、合計5基の水素充填ネットワークを使用する。

●港湾敷地内や倉庫におけるゼロ・エミッション技術の応用拡大
ウィーニーミー港にゼロ・エミッションのトラクター2台を新たに導入するほか、トヨタの港湾倉庫で使用するフォークリフトのゼロ・エミッション化も拡充していく。





コメントする