2019年3月10日 19:36
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 春の新車まつりだ! 第14報
新エンジンと先進性でさらに磨きのかかった「小型トラックの代名詞」新型エルフを検証する!

「小型トラックの代名詞」と称される、日本を代表する小型トラック「いすゞエルフ」。昨年10月29日にマイナーチェンジを行なった、その新型エルフに試乗しました。後処理装置に尿素SCRを採用していち早く平成28年排出ガス規制に適合するとともに燃費性能を向上。さらにプリクラッシュブレーキをはじめとする先進安全装置を標準装備し、通信端末を標準搭載してコネクテッド化することで高度純正整備「PREISM」の実施を可能とするなど、社会のニーズに応えた先進的な小型トラックとして登場。試乗車はGVW5t級のドライバン「E-CARGO」(メーカー完成車)で、新エンジンの豊かな低速トルクが印象的。クラス初のステレオカメラを備えた一連の安全装備や周囲の死角エリアを減らす3Dサラウンドマルチビューの安心感も高く、進化の一端が感じられます。湘南の街に繰り出した試乗記は必読ですぞ!

el1IMG_8420 (1024x734).jpg

el2IMG_8509 (1024x683).jpg


コメントする