2019年3月 1日 15:33
燃料電池小型トラックがFCエクスポ2019に登場!
2019228fcexpo.jpg

東京アールアンドーデーが環境省委託事業の「燃料電池小型トラックの技術開発・実証」の一環で開発した「FC小型トラック」が2月27日〜3月1日に東京ビッグサイトで開催された第15回「国際水素・燃料電池展(FC EXPO2019)」に出展された。同社のFC小型トラックは、昨年の「FCエクスポ2018」で国内初の燃料電池小型トラックとして登場。今年の展示車は黄色く塗られたキャビン以外は基本パーツ・構造とともに昨年とまったく同じだが、昨年の10月〜12月には福岡市、福岡天神地区共同輸送(株)とともに実証実験を実施。大きな問題もなく実証試験を終え、信頼性が証明されたクルマとして登場した。なお、3月11日発売の「フルロード」第32号では、このFC小型トラックの試乗レポートを掲載していますが、それはこの後の「チョットだけよ〜!」をご参照ください。



【FC小型トラックのスペック】
ベース車:いすゞエルフ TRG-NMR85AN
全長×全幅×全高:6230mm×1910mm×2970mm
ホイールベース:3360mm
高圧水素容器/内容積:最高充填圧力70MPa/36ℓ×3本
燃料電池/最大出力:PEM/30kW×2台
駆動用電池/容量/適応基準:Li-ion二次電池/14kWh/UN-ECE-R100.02
駆動用モーター/最高出力/最大トルク:DCブラシレス/110kW/305Nm
トランスミッション:6MT
登坂性能:20%以上
最高速度:105km/h以上(6速)
乗車定員:3名
車両重量/最大積載量/車両総重量:4040kg/2250kg/6455kg
航続距離:150km(JC08モード)
水素充填時間:約3分半

コメントする