2019年3月25日 11:26
極東開発、計量装置を搭載した「スケールダンプ」を共同開発
極東開発工業、大煌工業、大林道路は3月25日、ダンプトラックのボディに計量装置を搭載して積載重量を表示することを可能とした「スケールダンプ」を開発し、トライアル運行を行なうと発表した。

190325news_kyokuto001.jpg



近年、安全志向やコンプライアンス重視の観点から、過積載防止の活動や取り締まりがより一層強化される傾向にある。今回の新製品は、ダンプトラックのボディ前後に3点(前側に1点、後ろ側に2点)のロードセル(計量装置)を搭載し、積載物の重量表示を可能としたもので、過積載の防止を図り、車両の定積載では安全運行をサポートする。今後はトライアル運行を通じて製品のブラッシュアップを行ない、2019年夏頃の市場投入を目指す。


●「スケールダンプ」の特徴
①3点のロードセルで積載物の重量を計測
ボディ下の前側に1点、後ろ側に2点の計3点に搭載したロードセル(計量装置)で背k試合物の重量を計測することが可能(前側のロードセルは専用シリンダー部に搭載されており、計測時にはシリンダーを伸ばして測定を行なう)。

190325news_kyokuto003.jpg
②積載物の重量がひと目でわかり、確実な作業をサポート
ロードセルで計測された積載物の重量はボディ上の外部表示系とキャブ内表示系(1DIN)にデジタル表示される。ドライバーにも積込作業者にもひと目でわかりやすく、確実な定積載作業をサポートする。

③低速走行時でも計測が可能
ロードカッターによる積込作業等の低速走行時(5〜8km/h)でも計測を可能としている。ただし、高精度の計測は停車状態による測定が必要となる。

④既存車両にも装着可能
「スケールダンプ」は、新車のほか、既存の車両にも後付け可能(仕様や年式、また車両の状態によっては装着できない場合もある。また、装着可能でも減トンとなり構造変更等が必要になる場合もある)。

⑤環境負荷の低減にも寄与
積載量を目視することで、定積載を守りながらも車両の積載能力を最大限有効に活用することができ、安全かつ効率的なオペレーションを実現する。そのため、車両毎の稼働率を向上させ余剰な運行台数を削減できるほか、過積載に起因する道路の損傷が少なくなり、また通常外の車両劣化も防げるため、環境負荷の低減に大きく寄与する。







コメントする