2019年2月 5日 16:16
ミシュラン、リジッドダンプトラック用タイヤ「MICHELIN XTRA LOAD」シリーズに1800R33を追加
本サイズにおける世界初の★★★(スリースター)、耐荷重性能・耐久性向上

日本ミシュランタイヤはリジッドダンプトラック用タイヤ「MICHELIN XTRA LOAD(ミシュラン・エクストラロード)」シリーズの新サイズ1800R33を2月20日より発売する。パターンはグリップ性能を向上させた「MICHELIN XTRA LOAD GRIP」と、耐カット性能を向上させた「MICHELIN XTRA LOAD PROTECT」の2種。価格はオープン。

MICHELIN XTRA LOADシリーズは、40〜80トン積載の重ダンプトラック用に開発されたタイヤ。牽引力、耐損傷性、耐摩耗性に優れ、現場での作業効率を最大化する。

今回発売する新サイズ1800R33は、当該サイズで世界初の★★★(スリースター)タイヤ。スター・レーティングはTRA(米国Tire & Rim Association)が定めるケーシング強度と荷重能力を示す指標で、スリースターはもっとも高い強度を保有していることを示す。当該商品発売まで、リジッドダンプトラック用タイヤ1800R33の強度はツースターだった。

●MICHELIN XTRA LOAD GRIPの特徴
①緩んだ地盤でも、優れたグリップ性能を発揮
②強化ケーシングにより耐荷重性能が向上。車両1台あたりの積載量アップ
③エッジ効果を強化したトレッドパターンにより、優れたブレーキング、コーナリング、加速性能を発揮
④耐熱性に優れ、連続走行時間が延長
⑤トレッドゴム増量、接地面の最適化、特殊形状の耐腐食ケーブルによりタイヤライフが向上

190205news002.jpg 190205news001.jpg
MICHELIN XTRA LOAD GRIP(左)と装着イメージ



●MICHELIN XTRA LOAD PROTECTの特徴
①硬く鋭利な走行路面でも、優れた耐カット性能や耐パンク性能を発揮
②強化ケーシングにより耐荷重性能が向上。車両1台あたりの積載量アップ
③革新的なトレッドパターンにより摩耗率が低減
④耐熱性に優れ、連続走行時間が延長
⑤トレッドゴム増量、接地面の最適化、特殊形状の耐腐食ケーブルによりタイヤライフが向上
190205news003.jpg 190205news004.jpg
MICHELIN XTRA LOAD PROTECT(左)と装着イメージ

●採用技術
スチール材をゴムで覆った特殊形状ケーブル:優れた耐腐食性能を発揮
190205news005.jpg





コメントする