2019年1月30日 15:13
国交省、「ダブル連結トラック」の本格導入をスタート
国土交通省は昨日1月29日、特殊車両通行許可基準の車両長を25mまで緩和し、新東名を中心に「ダブル連結トラック」の本格導入をスタートすると発表した。

国交省では、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の導入を「生産性革命プロジェクト」に位置づけ、2016年10月より実証実験を進めてきた。この実験で通常の大型トラックと比べドライバー数を約5割、CO2排出量を約4割削減できたほか、カーブ区間の急ブレーキも発生しておらず、横揺れやふらつきの発生も確認されなかったことから本格導入に踏み切った。

今回の特殊車両通行許可基準の緩和は、ダブル連結トラックをはじめとするフルトレーラ連結車の車両長の限度を現行の21mから25mに引き上げるもの。走行対象路線は主たる経路が新東名区間(海老名〜豊田東)。車両の技術要件としてABS、車線逸脱警報装置、ETC2.0などの装着が必要。また、ドライバーは大型自動車免許を5年以上および牽引免許を5年以上保有し、2時間以上の訓練を受講する必要がある。

190130news_0001.jpg
ヤマト運輸が2017年に導入したダブル連結トラック


国交省では、今後はダブル連結トラックの利用促進に向け、高速道路SA・PAでの優先駐車マスの整備や、物流事業者のニーズを踏まえた対象路線の拡充等を実施するとしている。






コメントする