2018年12月 6日 09:41
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第6報
1930年創業の老舗・本所ボディ―が見せる つくりボディへのこだわり

いわゆるメーカー完成車が全盛を極める今日ですが、それ以前は日本にはたくさんのボディメーカーがありました。ここ北関東はその典型で、10数社のボディメーカーがひしめき合い、新たな車体の開発にしのぎを削っていたものです。しかし時代の波とともに、櫛の歯が欠けるように1社また1社と廃業していき、北関東のボディメーカーは今では ほんの数社しか残っていないのが現状です。その中にあって、つくりボディを身上とする本所自動車工業(本所ボディー)は別格の存在です。1930年創業の本所ボディーは、日本でも最古参に属する歴史ある架装メーカーで、車載車の細谷車体工業やカセットボディのウイングなどとも親戚筋。もちろん本所ボディーも時代の荒波にもまれてきましたが、90年近い歴史と実績があればこそ、「継続は力なり」を証明し、現在は活況の中にあります。シリーズ「成熟期を迎えた架装メーカー それぞれの方途」は、継続の中に未来への光明を見出した本所ボディーを訪ねました。
111111honIMG_5176.JPG

2222honIMG_5160.JPG

3333honIMG_5230.JPG

44444hon323A7918.jpg

55555hon323A8293.jpg

6666hon323A8053.jpg


コメントする