2018年12月アーカイブ

UDトラックス、大型トラックによるレベル4の自動運転デモを初公開 UDトラックス、大型トラックによるレベル4の自動運転デモを初公開

2018年12月13日 15:22 comment(0)

走行中のトラックで、なぜかホールドアップ?上の写真、トラックジャックに遭ったドライバーがホールドアップしているところ......、じゃありませんよ。これ、昨日埼玉県上尾市のUDトラックス本社のUDエクスペリエンスセンターで行なわれた我が国初の大型トラックによるレベル4の自動運転のデモンストレーションの1コマで、ドライバーがハンドルから手を放していても(あるいは足をペダルから放していても)、クルマが...
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 最終第12報 チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 最終第12報

2018年12月11日 11:19 comment(0)

「フルロード」第31号は本日発売で~す!寒いですね~。1週間前、全国各地で夏日が観測されたというのが、まるで嘘のよう。ホント、近頃の天候は極端から極端に変化するので、身体がついて行けません。皆さんもどうぞご自愛ください。さて、そんな中、最新「フルロード」第31号、本日発売でございます。真っ赤な新型アクトロスをあしらった表紙を目印に、本屋さん等でのご購読、どうぞ宜しくお願いいたします!  ...
極東開発、「湿塩散布車」を発売 極東開発、「湿塩散布車」を発売

2018年12月11日 11:13 comment(0)

極東開発工業は、路面凍結による陶器のスリップ事故を防ぐための凍結防止剤を散布する「湿塩散布車」を開発し、12月18日より発売する。価格は、特殊車両のため仕様・装備により都度見積もりとなる。湿塩散布車は、高速道路や自動車道等において、降雪や寒冷による路面凍結を防ぐため、塩化ナトリウムと溶液を混合した凍結防止剤を散布する車両で、凍結に起因するスリップ事故を予防するための重要な役割を担っている。同社が開...
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第11報 チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第11報

2018年12月10日 15:04 comment(0)

百年に一度の大変革は、ここから始まる! IAA国際商用車ショー2018を詳細レポート!この「チョットだけよ~!」もそうですが、「フルロード」第31号の惹句は「百年に一度の大変革」。「電動化だ!」「自動運転だ!」「コネクティビティだ!」ということで、いま自動車業界は大きな技術革新の時代を迎えていることから、「百年に一度の大変革」と言われているわけですが、このいかにもマスコミの喜びそうな文言に、軽佻浮...
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第10報 チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第10報

2018年12月10日 11:17 comment(0)

未来へ長足の進歩を印した新型アクトロスを速攻解説&速攻試乗「やはりダイムラーは凄いメーカーだ!」と、その実力をまざまざと見せつけたのが、このほど登場したメルセデスベンツ新型アクトロスです。2012年に登場したアクトロスは、今回が初めてのメジャーチェンジですが、見かけはほとんど変わらないものの、その内容が凄い! 大型トラック世界初となるレベル2」自動運転機能「アクティブ・ドライブ・アシスト(ADA)...
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第9報 チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第9報

2018年12月 9日 17:23 comment(0)

世界最大の商用車の祭典に登場した世界最先端・世界最新鋭の特装車・トレーラを一挙公開!大好評の「世界の特装車」ですが、今回は「IAA国際商用車ショー2018」特別編。今秋ドイツ・ハノーバーで開催されたIAAは、世界最大の商用車の祭典だけあって、特装車・トレーラも出展もスゴいんです! 世界最先端・最新鋭の特装車・トレーラが会場を埋め尽くし、出品車両が全部で何台なのかは不明なほど。今回の「世界の特装車」...
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第8報 チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第8報

2018年12月 8日 17:26 comment(0)

新型スカニアに待望のリジッドタイプ登場 その実力を試す!新型スカニア日本仕様に新たにリジットタイプが登場。併せてドライウイングの完成車も設定されました。 代モデルにも用意されていた完成車ですが、新型はフロア高の低いPシリーズキャブを主軸とし、小排気量の5気筒エンジンを新たに導入するなど実用性の高い戦略的な車型展開となっています。 その新型スカニア・リジットに岡山国際サーキットで試乗! 力強い低速ト...
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第7報 チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第7報

2018年12月 7日 10:26 comment(0)

安全性の向上とコネクテッド化を図った新型エルフの全貌日本の小型トラックの代名詞といえば「エルフ」ですが、いすゞ自動車はこのほどエルフのマイナーチェンジを実施。新型エルフはエンジンの大幅改良と尿素SCRの採用により、平成28年排出ガス規制への適合と優れた省燃費性能を両立。また小型トラック初のステレオカメラを搭載し、歩行者検知精度の高い衝突被害軽減ブレーキなど各種先進安全装置を標準装備しました。さらに...
チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第6報 チョットだけよ~! 最新「フルロード」 百年に一度の大変革だ! 第6報

2018年12月 6日 09:41 comment(0)

1930年創業の老舗・本所ボディ―が見せる つくりボディへのこだわりいわゆるメーカー完成車が全盛を極める今日ですが、それ以前は日本にはたくさんのボディメーカーがありました。ここ北関東はその典型で、10数社のボディメーカーがひしめき合い、新たな車体の開発にしのぎを削っていたものです。しかし時代の波とともに、櫛の歯が欠けるように1社また1社と廃業していき、北関東のボディメーカーは今では ほんの数社しか...
CACC、LKAを用いた世界初の後続有人トラック隊列走行の公道実証がスタート CACC、LKAを用いた世界初の後続有人トラック隊列走行の公道実証がスタート

2018年12月 5日 14:23 comment(0)

経済産業省と国土交通省による、CACC(コーペラティブ・アダプティブ・クルーズ・コントロール/協調型車間距離維持支援システム)とLKA(レーン・キープ・アシスト/車線維持支援システム)を用いたトラック隊列走行の後続車有人システムの公道実証が、昨日12月4日より新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリア間で開始された。期間は12月14日までの10日間。昨日から新東名でスタートした...