2018年11月 2日 16:06
いすゞ、次世代バイオディーゼル燃料を用いるシャトルバスの実証走行を開始へ
いすゞ自動車は、次世代バイオディーゼル燃料(含有率100%でもエンジンに負担をかけず使用することができるバイオディーゼル燃料)を用いるシャトルバスの実証走行を、今年12月から開始する。

いすゞは、2014年6月にユーグレナ社と微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)由来の次世代バイオディーゼル燃料の実用化に向けた共同研究契約を締結し、「DeuSEL(デューゼル)プロジェクト」として推進してきた。これまで、ユーグレナ社が開発を進めてきたバイオディーゼル燃料を使い、藤沢工場と湘南台駅間のシャトルバスの定期運行による実証走行を進めてきた。

このたび、いすゞはユーグレナ社が10月31日に竣工した日本初のバイオディーゼル燃料製造実証プラントから、2019年夏より次世代バイオディーゼル燃料の供給を受けることになった。いすゞでは実証プラントと同様の製造・精製方法で製造した燃料でエンジン性能試験を実施し、市販されている軽油を使用した時と同等の出力・トルク・排ガス性能を確保できることを確認。2018年12月より次世代バイオディーゼル燃料を含有した燃料で、また、2019年夏からは実証プラントで製造された次世代バイオディーゼル燃料を用いたシャトルバスの実証走行を行なう。


IMG_0261.jpg


なお、いすゞは今後もユーグレナ社の共同研究パートナーとして車両での実証走行・性能試験等を行ない、次世代バイオディーゼル燃料の実用化を目指していく。






コメントする