2018年11月 2日 11:46
三菱ふそう、ナビタイムジャパン「トラックカーナビ」を純正アクセサリーに新規採用
国内トラックメーカーで初めてトラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」を純正アクセサリーとして採用
新車購入時や車検時に同時購入が可能

三菱ふそうトラック・バスは、ナビタイムジャパンと提携し、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」を三菱ふそう純正アクセサリーとして設定し、11月1日より三菱ふそう販売会社、および三菱ふそう地域販売部門で販売を開始した。


4O5A1601.jpg


「トラックカーナビ」は、ナビタイムジャパンが2016年3月末より提供している、トラック専用カーナビアプリ。トラックの通行止め、車高、車幅、重量制限等を考慮したルート検索、ナビゲーションが可能で、リアルタイムの渋滞情報も考慮する。検索できるルートは「推奨」「高速優先」「無料優先」「幹線優先」の4種類となっている。
また、複数の配送先を回る際に、最適な配送順を提案する「巡回経路検索」機能も搭載。経由地は20カ所まで設定可能だ。
このほか、トラックの駐車可能な施設の検索、休憩施設検索、地図上に交通規制情報アイコンの表示、地図の航空写真表示など、トラックならではの機能も搭載している。


4O5A1604.jpg 4O5A1600.jpg AB8I1254.jpg
「トラックカーナビ」は全国約17万6000カ所の大型車規制情報を収録。道幅と車幅から通行可能かどうかを自動的に判断したり、膨大なGPSログデータから大型車の走行実績を確認することでもできるという。三菱ふそうの純正アクセサリーとして採用されたことで、新車購入時や車検時に同時購入が可能となる。







コメントする