2018年10月30日 11:16
極東開発、新型「30kLアルミタンクトレーラ」を発売
国内規制最大容量のタンク容積30kLとワイドシングルタイヤ仕様で
アルミタンクトレーラ国内トップクラスの最大積載量24500kgを確保

極東開発工業は、国内規制最大容量となるタンク容積30kLを実現した新型「30kLアルミタンクトレーラ」を開発し、2018年11月5日に発売する。販売価格はダブルタイヤ仕様(KL30-47LS)が2520万円、ワイドシングルタイヤ仕様(KL30-471SS)が2555万円(希望小売価格、消費税抜き、トラクタ別)となっている。


181030news_kyokuto30kl.jpg
11月5日に発売される新型「30kLアルミタンクトレーラ」
(写真はダブルタイヤ仕様)


新機種は、大容量長距離輸送のニーズに対応した30kL積タンクを搭載し、ワイドシングルタイヤ仕様(KL30-471SS)ではアルミタンクトレーラで国内トップクラスとなる最大積載量24500kgを確保した。また、角形断面タンクの採用で低全高・低重心と連結全長の短縮を実現し、走行安定性を確保するとともにディスクブレーキの採用による安全性の向上も図っている(第5輪荷重11.5tのトラクタに対応。ワイドシングルタイヤ仕様のタイヤサイズは455/55R22.5)。


●新型「30kLアルミタンクトレーラ」の特徴
①国内規制最大容量のタンク容積30kL
タンク容量は国内規制最大容量となる30kLを確保。近年高まっている長距離大容量輸送のニーズにタンクローリのトップメーカーとして応えた。

②ワイドシングルタイヤ仕様で国内トップクラスの最大積載量24500kgを確保
ワイドシングルタイヤ仕様(KL30-471SS)は最大積載量を国内トップクラスの24500kg確保。積載物の組み合わせ(混載)のバリエーションが増え、さらに効率的な輸送が可能となった。なお、ダブルタイヤ仕様(KL30-47LS)は最大積載量24000kgとなっている。

【混載組み合わせ例】
・ガソリン10kL+軽油20kL=24500kg
・灯油20kL+軽油10kL=24500kg
・ガソリン4kL+灯油12kL+軽油14kL=24500kg

③角形断面タンクの採用で低全高・低重心と連結全長を短縮
極東開発独自のノウハウを活かした角形断面タンクを採用することで、低全高・低重心とし、タンク内の空気をなくすことで現行型(28kLアルミタンクトレーラKL-471LS)と比較して連結全長を焼く460mm短縮した(トラクタや仕様による。なお30kLアルミタンクトレーラの牽引には第5輪荷重11.5tのトラクタが必要)。

④ディスクブレーキ搭載で安全性が向上
ディスクブレーキの採用により、ブレーキ性能が向上。より安心・安全な積荷運搬に貢献する。







コメントする