2018年3月23日 14:04
ミシュランのワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One」、ニッサライン社のダンプトレーラ新車両全車に採用
積載量最大化で輸送効率向上、
労働環境改善による人材確保につなげる

日本ミシュランタイヤのトラック・バス用ワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One」が、nissa line社(本社:福岡市)の新規導入ダンプトレーラの新車装着タイヤとして採用された。nissa line社は、トラックの後輪に装着されるダブルタイヤを1本に減らすことで車軸1本あたり約100kgの軽量化を実現する「MICHELIN X One」を導入することで、車両の輸送効率向上、ならびに環境負荷低減を実現する。

180323news_michelin2.jpg

福岡県で土砂や産業廃棄物等の運搬を行なうnissa line社は、骨材輸送にはすべてダンプトレーラを採用。2006年の創業以来、一度の輸送で一般トラックの倍以上を運搬する効率的な輸送を追求してきた。しかし、ポスト新長期規制以降はトラックの車両重量が増加したため、最大積載量の向上が大きな課題となっていた。今回、新規導入するダンプトレーラに「MICHELIN X One XZY3(455/55R22.5 166Lサイズ)」を採用することで、最大積載量460kg向上を実現した。

同社、藤木博文代表取締役は「『MICHELIN X One』導入で2つの大きなメリットを感じています。1つは積載量最大化です。今回の導入により最大積載量27tを確保することができました。これは、一般的な単車ダンプカーほぼ2台分の積載量に相当します。ダンプカーは復路が空車となり、一般トラックと違い実車率が50%となってしまい運賃が重量単位で算出されるため、積載量最大化は大きな命題でした。2つ目は、乗務員の労働環境改善です。トレーラー部がシングルタイヤになることでハンドリング性能が向上し、乗務員の運転が楽になりました。乗務員満足につながるよう人気の高い車両を導入し、疲労軽減のためできる限り高速道路を運行する対策を取っていますが、社内からはタイヤ本数が減ったことで運行前点検の負担も減ったという声も挙がっています。今後導入するトレーラー車両にはすべて『X One』を装着していく予定です」とコメントしている。

●nissa line株式会社
本社所在地:福岡市博多区博多駅南1丁目8番12号
代表取締役:藤木博文
設立:平成18年(2006年)7月
業務内容:一般貨物運送事業、産業廃棄物収集運搬業

180323news_michelin3.jpg



●「MICHELIN X One」の特徴
「MICHELIN X One」は、トレーラ用としてだけでなく、強大なトルクのかかる駆動軸用としても使用されることを前提に設計されたプレミアムワイドシングルタイヤシリーズである。ダブルタイヤをシングル化することで以下のような効果を実現する。

1)積載効率の大幅向上によるトラックユーザーの運行経費削減
「MICHELIN X One」の455/55R22.5サイズは、日本市場で最も一般的な大型トラック用ダブルタイヤのサイズ、11R22.5と外径がほぼ同じで、かつ日本の法律上最大値とされる車軸当たり10tの耐荷重能力を持っている。11R22.5サイズのダブルタイヤ仕様と比べ大幅に軽量化でき、積載可能重量を拡大することが可能。積載効率の向上は、同重量の輸送に必要なトラック便数の削減につながる。

2)環境負荷低減
サイドウォールがダブルタイヤの4枚から2枚に減ることにより、回転中のタイヤの発熱によって増加する転がり抵抗を削減すると同時に、軽量化されたタイヤ・ホイールユニットが発進・加速時の慣性力を低減。この2つの効果により車両の燃料消費量の節約に貢献する。さらに、タイヤを2本から1本に減らすことによって、廃棄されるタイヤも減り、環境負荷低減も可能となる。

3)車両の安全性向上
左右タイヤ間距離(輪距)を拡大できるため、車両の走行安定性が向上し、車両の低重心化も可能となり、安全性向上に貢献する。

4)車両設計の自由度拡大と生産性向上
ダブルタイヤ仕様と比較しタイヤ・ホイールユニット総幅が縮小されるため、左右タイヤ間距離が増大しシャシー設計の自由度が拡大。また、タイヤのシングル化により部品点数が減り、車両の生産性向上にもつながる。




コメントする