2017年8月 1日 16:51
津軽三味線トラッカー かんちゃんの「北の国から」 №68
セメント噴出! その2

セメント噴出事件から二日後、生コン車のおっさんから解放されてやっとタンクシャシーの修理が出来るようになりまして、塗装作業開始です。
その前に会社の同僚「ヨコちゃん」が一日前に錆びている箇所や穴が空いてパッチを溶接した箇所を磨いて、錆チェンジャーを塗って下処理をしてくれてたので、本当に助かりました。錆チェンジャーは乾燥時間が8時間なので、朝塗ったらその日の作業は何もできなくなりますからね!

kanc1.JPG

kanc2.JPG

前日に錆チェンジャー処理してあるので、朝から塗装の準備ができ、ついでにトラクタヘッドの工具箱も一緒に塗ることに......。工具箱の塗装はまた次にアップしますね。そして塗装のノリを良くするためにサフェーサーを塗ります。

kanc3.JPG

濃く調合して一回塗りでサフェーサーを仕上げて本色を塗装。

kanc4.JPG

本色は全部で4回塗りました。お昼休みに4回目終了で、たぶん夕方には取り付けできるでしょう。


コメントする