2017年8月 1日 11:16
UDトラックス、新型「コンドル」を発売!
UDトラックスの新型「コンドル」が、7月28日に発表されました。新型「コンドル」はいすゞ「フォワード」のOEM車両ですが、UDトラックスの基本モチーフであるヘキサゴングリルの採用によってUDファミリーの一員であることを強調した外観意匠になっています。ラインナップは、GVW7.5t・8t・11tの「コンドルMK/LK」、およびGVW14.5tの「コンドルPK」が用意されるようです。


20170728_press-release-2.jpg
新型「コンドル」


以下、リリースより
(2017年7月28日発表)

UDトラックス株式会社はこのたび、平成28年排出ガス規制に適合した新型中型トラック「コンドル(Condor)」を発売しました。

UDトラックスの新しい中型トラック「コンドル」は、ゆるぎない安心感をもたらし物流の課題に立ち向かう、お客様の良きビジネスパートナーです。中型トラックに求められる燃費性能・安全性能・運転性能を備え、くわえてUDトラックスの万全のサポート体制が、より効率的な物流を実現します。

新型「コンドル」は、エンジン出力・キャブタイプ・駆動形式など、従来モデルに比べバリエーションも豊富となります。機械式オートマチックトランスミッションを新たに設定し、お客様のビジネスニーズに応える幅広い車種を取りそろえました。またフロントグリルにはUDトラックスの基本モチーフであるヘキサゴングリルを採用し、新型「コンドル」がUDファミリーの一員であることを表しています。



新型「コンドル」の商品の特徴

燃費性能:軽量・コンパクトでありながら高効率を実現する「4HK1」エンジンは、お客様の輸送コスト低減に大きく貢献します。無駄な燃料消費を抑制し排出ガスの削減に効果的なエコストップ(アイドリングストップ&スタートシステム)、エンジン回転数・燃料噴射量を自動制御して過剰な加速を抑えるECONO(エコノ)モード、先進的なターボシステム・燃料噴射システムなどの採用により、環境性能と積載性・燃費の高効率化を実現。エコストップ付きGVW8t〜14.5tの4×2全車で平成27年度重量車燃費基準+10%を達成しました。※モデルにより搭載機能に違いがあります。

安全性能:新型「コンドル」は、アクティブセーフティ(危険を予測し、ドライバーをサポート)・パッシブセーフティ(被害を最小限に抑える)・ベーシックセーフティ(日々の安全運行を支援)の3つの観点から安全性能を強化。特にアクティブセーフティとして、ミリ波レーダーとカメラの二重検知するプリクラッシュブレーキや車線逸脱警報、ミリ波車間ウォーニングなど先進の安全技術を採用しました。頼もしい新型「コンドル」は、お客様の日々の安全運行を強力にサポートします。※モデルにより搭載機能に違いがあります。

運転性能:信頼のマニュアルトランスミッションに加え、シフトレバーの操作のみで変速が可能なクラッチペダルレスの「機械式オートマチックトランスミッション(AMT)」を全車に設定。省燃費自動変速を行なうECONO(エコノ)モードによって、すべてのドライバーに快適な操作性と省燃費運転を提供します。広いインテリアは、操作性・視認性に優れるとともに、センターコンソールボックスをはじめとした収納系装備も充実。運転時だけでなく、室内での作業時にもドライバーに快適かつ効率的な環境を提供します。

新型「コンドル」はメンテナンス性も追求しています。くわえてUDトラックスの充実したアフターマーケットサポートが、お客様の車両を最良の状態で維持し、稼働率を最大まで高めます。

※新型「コンドル」はいすゞ自動車株式会社からOEM調達されます。





コメントする