2017年7月 3日 12:12
極東開発、新型コンクリートポンプ車「ピストンクリート PY120-33C」を発売
GVW22t車級クラスで国内最長の33m級ブームを搭載

極東開発工業は、GVW22t車級クラスで国内最長となる33m級ブームを搭載した新型コンクリートポンプ車「ピストンクリート PY120-33C」を開発し、7月4日より発売する。販売価格は7900万円(希望小売価格、消費税抜き、シャシー価格込み)、販売目標台数は年間50台としている。

新機種は、機動性の高い大型ショートホイールベースシャシーであるGVW22t車に、高張力鋼板の採用やブームの最適設計による軽量化により従来機種(ピストンクリートPY120-30)比で3mアップを実現した33m級ブームを搭載したピストン式コンクリートポンプ車で、取り回し性能の良さとクラス最長ブームで、さまざまな現場において、より効率的な作業を行なうことを可能としている。
170703news_kyokuto2.jpg

新型コンクリートポンプ車「ピストンクリートPY120-33C」


■「ピストンクリート PY120-33C」の特徴
1 GVW22t車級クラスで国内最長の33m級ブームを搭載
機動性の高い大型ショートホイールベースシャシーであるGVW22t車に、従来機種比で3mアップとなる33m級M型4段屈折ブームを搭載した。高張力鋼板の採用やシリンダーの小型化、および油圧の向上など、ブームの最適設計による軽量化も実現。これにより、あらゆる現場で効率的な作業に貢献するオールマイティーなピストン式コンクリートポンプ車となっている。

170703news_kyokuto1.jpg
33m級M型4段屈折ブームを搭載した「ピストンクリートPY120-33C」



2 クラス最長のロングストロークシリンダーで騒音、振動が低減
メイン油圧シリンダーはクラス最長のロングストローク1900mmで、Sパイプの切替回数が減少。これにより作業時の振動や騒音を抑制することが可能となっている。また、ショックの回数が少なくなることでオペレータへの負担が経験するとともに、周辺部品やコンクリートポンプなどの部品の消耗を抑えることもできる。


170703news_kyokuto3.jpg
クラス最長のロングストロークシリンダーを採用したポンプユニット



3 耐摩耗性能と耐圧力を兼ね備えたエッサーツインパイプを標準装備
旋回台内部とブーム屈折部分の貫通式パイプには、内層・外層の二重構造による耐摩耗性と耐圧力を兼ね備えたエッサーツインパイプを標準装備。表面のみ硬度を上げた高周波焼入処理パイプとは異なり、内層全肉厚にわたり高い耐摩耗性を有し、長寿命を実現している。

170703news_kyokuto4.jpg
エッサーツインパイプ



4 自社で開発した独自の制振装置で優しい打設作業
ブームにかかる荷重をサスペンション機能により軽減し、揺れを抑える、独自の制振装置「KAVAS」を搭載。耐久性アップとオペレータの負担が低減し、作業環境が向上する。







コメントする