2017年6月 5日 15:27
チョットだけよ~! 最新「フルロード」第25号・怒涛の新車ラッシュだ! 第5報 
最新のアメリカントラック「2017ミッドアメリカ・トラッキングショー」から

新車ラッシュといえば、アメリカントラックも少しずつ勢いを取り戻しているようです。北米で最大規模のトラックショー「MATS」こと「2017ミッド・アメリカ・トラッキングショー」が3月末、ケンタッキー州 ルイビルで開催されました。昨年はトラックメーカーの出展を見合わせが相次ぎ、寂しいショーとなりましたが、今年はトラックメーカー、エンジンメーカー、コンポーネントサプライヤーからのサポー トも取り戻し、展示会場ではケンワースとピータービルトが大きな存在感を示していました。マックも大型トラックの展示を再開したほか、ダイムラー・トラックス・ノー ス・アメリカ(DTNA)のブランド、ウェスタンスターも50周年の節目に、控えめながら戻ってきたようです。同じくDTNAのブランドで、フレイトライナー、ウェスタンスター、トーマスビルトバスにエンジンおよびパワートレーンを供給するデトロイトも、地場輸送向けに新型のDD8エンジンを発表しました。

KW 680 Advantage.jpg

今回は、現地の模様をアメリカ在住のフリーのトラックジャーナリストであるスティーブ・スタージェスに伝えてもらっています。ちなみに「アメリカのトラックジャーナリストで誰かいい人いないかな?」とPUNKさんに人探しを頼んだところ紹介されたのがスティーブさんなんですが、実は、キャップとスティーブさんとは旧知の間柄。ずっと音信不通になっていたのですが、PUNKさんが偶然「縁結び」してくれたんですね。これからもスティーブさんには最新のアメリカントラック情報を伝えてもらうつもりです。


コメントする