2017年3月 9日 16:40
チョットだけよ~! 最新「フルロード」第24号・春の嵐だ! 第13報
連結全長25m! 「ダブル連結トラック」の実証実験に参画した日本梱包の思いとは?

昨年11月22日から「ダブル連結トラック」の実証実験が開始されました。これは、深刻なドライバー不足が進行するトラック輸送の省人化を促進するため、「ダブル連結トラック」の特車通行許可基準(車両長)を最大 25mまで緩和し、新東名を中心とするフィールドで実験を実施。その省人化の効果、安全性等を検討するというもの。この実証実験に参画したのが、21mフルトレーラの第一人者・日本梱包運輸倉庫です。日本梱包では、すでに21mフルトレーラを100セット導入して実際に使用しており、まさに日本におけるパイオニア的存在です。その日本梱包にダブル連結トラックの実際を聞いてきました。その中で印象に残ったのは、国交省と実証実験を進める中で、駐車スペースや中継場所の確保の問題、特殊車両通行許可の申請が非常に取りにくいといった実態を国交省にも知ってもらいたいという日本梱包の思いで、それは、机上の空論ではなく、現場に根ざした実証実験を訴求する日本梱包の強い意志の表われでもありました。これは必読!

konpouDPP_0014.JPG


コメントする