2016年11月 1日 13:37
古河ユニック、中型トラック搭載型クレーン「ユニッククレーン」をフルモデルチェンジ
古河ユニックは、中型トラック搭載型クレーン「ユニッククレーン」をフルモデルチェンジし、「URG370シリーズ」「URG340シリーズ」として11月7日より販売を開始する。

同社は、国内での競争力強化と海外展開の進展を図るべく、マザー工場である佐倉工場(千葉工場)の設備増強を進めており、今回、主力製品である「ユニッククレーン」において、需要のもっとも多い中型トラック搭載型クレーンのフルモデルチェンジを実施することとした。

中型トラック架装用クレーン_URG374UQKA_4C.jpg


「URG370シリーズ」「URG340シリーズ」は、「安心性能の追求」をコンセプトに、過負荷によるクレーンの折損や転倒事故を予防する「デジタル式荷重計」や、安全をサポートする「巻過自動停止装置」、「ブーム・アウトリガ未格納警報装置」を全機種に標準装備するなど、基本性能をグレードアップしている。

また、これまで長くユーザーから高い支持を得ている「連動ラジコン」「連動ラジコンJOY」を、ユーザーニーズをもとにさらに進化させ、新開発した「液晶ラジコン」には、正確な吊り荷重の表示、操作性のカスタマイズ、吊り荷重の加算機能、フック平行移動などの多彩な機能を搭載し、操作性を格段に高めている。さらに、安全機能を強化し、クレーンの負荷状況や安定度を監視する「セイフティ仕様」や、高度な制御技術を活かした「記憶動作モード」により半自動運転を可能にした「スマートセイフティ仕様」など、安心性能を追求した高機能モデルも充実させている。

環境性能においても、業界初の省エネ大賞を受賞した「U-Can ECOシリーズ」の「エコポンプ・システム(エンジン回転数を最大約47%低減、燃料消費量を最大約40%削減、騒音値を最大約4dB低減)」をさらに進化させた「スマート・エコシステム」に加え、ユニック独自の技術を採用し大幅な低騒音化を実現した「サイレント・エコウインチ」などの新機能を搭載したエコクレーンの最上位モデル「エコプレミアム仕様」を設定している。

価格はURG370シリーズが271〜608万円、URG340シリーズが250〜576万円(シャシーをのぞく税別価格、また、仕様によりことなる)。





コメントする