2016年9月14日 16:15
ヒロの海コン物語
なぜ運コン運転手になったのか その24

「俺、けん引はムリかもしれない」なんて毎日悩んでたんですけど、教習を重ねて行くうちに、少しづつバックも出来るようになり、結局最後まで「完璧にバック出来るようになった」とか「もうトレーラのバックはマスターした」なんて状態にはならなかったんですけど、一度も落ちずに教習を終え、卒業検定も一回で合格して、これで一ヶ月チョットにも及んだ教習所通いが終了。
あとは、卒業証明書を持って運転免許試験場へ向かい、免許を交付してもらうのみです。
自分は横浜に住んでいるので、横浜市旭区中尾二丁目にある運転免許試験場、通称「フタマタの試験場」へ、教習所から発行された「大型」と「けん引」の卒業証明書を持って向かいます。
「大型一種」と「けん引」は学科試験がないので、申請書と卒業証明書を提出し、フツーの視力検査、深視力検査、写真撮影をした後に、免許の種類の欄に「大型」と「けん引」が追加された免許証を受け取って、無事に目的の免許を取得(笑)。
これで、海コン運転手になるための「資格」が揃いました。

HIRO24IMG_7879 (1024x683).jpg



コメントする