2016年5月28日 18:13
いすゞと日野、ITS技術の共同開発に合意
自動運転システムのベース技術開発を共同で

いすゞ自動車と日野自動車は5月27日、それぞれプレスリリースを通じ、両社がトラック・バスの自動運転や高度運転支援に向けたITS技術の共同開発で正式に合意したと発表した。

両社はこれまで、それぞれ商品であるトラックやバスへの運転支援技術搭載を積極的に進めてきたが、技術開発は個別に行なっていた。今回の合意により、両社は今後、自動運転システムの実用化に向けてのベース技術となるITS(路車間・車車間通信)システムや高度運転支援(自動操舵、隊列走行)技術の共同開発を行なうことになる。共同で技術開発を行なうことで、開発の効率化を図るという。

なお両社は2008年に後処理装置で協業、2004年からはバス事業で協業を行なっており、後者では両社出資のジェイバス、いすゞと日野のバス車体を生産・供給している。

両社は、この日発表したプレスリリースのなかで、共同開発したITS技術・高度運転支援技術を、将来はそれぞれのトラックやバスに搭載し、普及に務めることで、安心・安全な交通社会の実現に貢献していくとしている。

160528blog_news1.jpg




コメントする