2016年3月 9日 17:44
チョットだけよ~! 最新「フルロード」第20号・びっくりぽんや第9報
動き出した新基準トレーラ パート2

長大化した新基準トレーラは、先駆的な物流企業を中心に広く受け入れられ、全国各地で導入が進んでいます。物流の効率化というメリットもさることながら、ドライバー不足や労働環境の改善に新基準トレーラを積極的に活用しようという新しいムーブメントも見られ、新基準トレーラの話題は尽きません。今号では、「動き出した新基準トレーラ パート2」と題して、第18号に引き続き新基準トレーラの特集を展開。まず、究極の軽量化に挑戦した、JFE物流グループのJ-ロジテックの新基準トレーラを取り上げました。昨年6月の「解禁」を受け、これまで開発を進めていた軽量トレーラの最新バージョンとなる新基準船底型トレーラは、積載量の向上に大いに寄与しています。そして、もう1社は、新基準14m級ウイングトレーラを導入した味の素物流を取材しました。味の素物流では、従来よりパレットが2枚多く積める長大化のメリットともに、日帰り運行が可能なリレー輸送を取り入れ、ドライバーの負担を軽減するなど、新しいアプローチに挑戦しています。「動き出した新基準トレーラ パート2」、必見です!

sin1111IMG_6922.jpg

sin2222IMG_7415.JPG


コメントする