2016年1月25日 14:47
三菱ふそう、商用車業界初の従業員向け保育施設を開設
従業員のワークライフバランスを確立できる魅力的な保育施設
在宅勤務導入や育児勤務期間延長など、子育て支援を実施

三菱ふそうは、2月2日より従業員向けの保育施設「FUSO KINDERGARTEN」を本社・川崎工場近隣に開設する。商用車業界では初の試み。社内の要望を受け、2014年9月に育児と仕事を両立する女性中心のプロジェクトチームを発足し調整してきた。同施設は本社・川崎工場から徒歩2分に立地し、インテリアには自然環境の調和を意識したデザインを採用。日本語と英語が堪能なスタッフが配備される。

160125a.jpg



以下、リリースより

三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は商用車業界初となる従業員向けの保育施設を本社、川崎工場近隣に2月2日より開設します。
MFTBCは、ワークライフバランスの確立をめざし、在宅勤務や育児勤務制度による対象年齢拡大など様々な施策を行なってきましたが、その中で保育施設を開設する要望が社内から多く寄せられていました。これに基づき2014年9月にプロジェクトチームを発足し、計画の策定に取り組んできました。
プロジェクトチームの多くは育児と仕事を両立する女性メンバーを中心に構成されており、開設に向けて、コンセプトづくりや最適なロケーションの選定など、従業員にとって使い勝手の良い施設となるよう調整を進めてきました。

保育施設の名称である「FUSO KINDERGARTEN」とロゴは、従業員からアイデアを募り決定しました。
当施設は、MFTBC川崎工場から徒歩2分と、アクセスの良いロケーションとなっています。施設内は、木のぬくもりが感じられる内装や木漏れ日をイメージした照明を取り入れるなど、自然環境の調和を意識したインテリアデザインになっています。
またインターナショナルな保育施設として日英共に話すことのできる語学堪能なスタッフを配備しています。

2月1日に、開設を記念するセレモニーを実施し、翌2日から保育施設運営を開始します。
プロジェクトリーダーであるMFTBC人事・総務本部の金井裕子は、「お子さんが待機児童になってしまっているために、育児休業から復帰ができない社員もいます。自分が望むタイミングで復帰ができるよう、この保育施設がサポートできればと存じます」と述べました。


・保育施設「FUSO KINDERGARTEN」概要
保育方針:「育つ力を育てる」
保育目標:インターナショナルな環境で一人ひとりの個性を引き出し、笑顔あふれる保育を目指します
所在地:神奈川県川崎市幸区新川崎3-1 イニシア新川崎
定員:15名
対象年齢:0歳から2歳(年度初め4月時点)
開園日時:MFTBC本社就業カレンダーに準ずる
運営会社:ピジョンハーツ株式会社


・三菱ふそう従業員への子育て支援策
在宅勤務制度:育児や介護でフルタイムの勤務が困難である社員、また在宅で勤務をすることでより作業効率や生産性の向上が認められる社員に、一定の条件がそろったとき、会社が在宅で勤務することを許可する制度

看護休業制度:小学校3年生までの子を養育する社員について、病気、けがをした子の看護にあたるとき、1年間に1人につき5日まで有給で休暇を取ることが出来る制度。

育児休業制度:生後満3歳に達しない生児の育児に専念し、かつ育児休業後引き続き当社に勤務する意思のある社員に、生児が満三歳に達するまでの間、あらかじめ申し出た期間の休業を認める制度

育児勤務制度:生児が中学就学前までの間、1日4時間・5時間・6時間の中から勤務パターンを選択し、会社が認めた時間で勤務する制度

コアタイムなしのフレックスタイム制度:従業員の自由な時間管理が保障されることを前提として、各日・各週の労働時間、コアタイムを特定しない制度

フレキシブル休日:土曜・日曜以外の休日(祝祭日・ゴールデンウィーク・年末年始・夏季連休など)を本人の就業環境やライフスタイルに合わせて、同年内に自由に設定できる制度


コメントする