2015年7月28日 11:39
日本ミシュランタイヤ、「MICHELIN X MULTI Z」に2サイズを追加
MICHELIN X MULTI Z に新サイズを追加発売
優れた耐久性とロングライフを発揮する新設計タイヤ

発売日:2015年8月10日
価 格:オープン
追加サイズ:245/70R 19.5(136/134M)
      265/70R 19.5(140/138M)



日本ミシュランタイヤは、中・長距離ユーザー向けのトラック・バス用タイヤ「MICHELIN X MULTI Z」に2サイズを追加して8月10日から発売する。245/70R 19.5(136/134M)と 265/70R 19.5(140/138M)の2サイズが追加され、既存の3サイズと合わせて5サイズの展開となる。価格はオープンとなっている。

20150727-3.jpg
MICHELIN X MULTI Zの製品画像。※サイドウォールはデザイン表現上、色加工されている。




以下、リリースより


日本ミシュランタイヤ株式会社は、2015年3月1日に発売を開始した、中・長距離ユーザーに適したトラック・バス用タイヤ「MICHELIN X MULTI Z(ミシュラン エックス マルチ ゼット)」の既存サイズに新たに2サイズを追加し、8月10日に発売します。価格はオープンです。
20150727-2.jpg

MICHELIN X MULTI Z は、グリップ性能、ならびにロングライフ性能など、輸送事業者がタイヤに求める安全性やコスト削減効果を高い次元で実現した中・長距離ユーザー向けトラック・バス用タイヤです。

近年の輸送事業者のタイヤに対する要望は、グリップ性能といった「安全性」の確保はもちろんのこと、耐摩耗性に優れたロングライフ性能といった「経済性」も高い水準で求められています。ミシュランは、中・長距離輸送におけるトラック・バス用タイヤに要求される諸性能を、ケーシングの設計段階から見直し、新たにデザインされたトレッドパターンを採用することで、一部のタイヤ性能に特化することなく高次元で実現しました。なお、ミシュランの主要トラック・バス用タイヤ同様、リグルーブやリトレッドにも対応します。



<製品の特徴>
・「新トレッドコンパウンド」を採用し、当社従来品に比べライフ性能最大25%向上を実現。
 ※80%摩耗時に現行品「11R 22.5 MICHELIN XZE 2+」と比較
・トレッド幅を最大化することで最適な接地面を確保し、安全性と操縦安定性が向上。
・新ケーシングデザインとビード部の強化により、ケーシングの耐久性と再生率が向上。



<採用技術>
・新ケーシングデザイン
新たなケーシングデザインを採用することで適切かつ、均一な接地圧を確保し、安全性とロングライフ性能に貢献します。使用する部材も新たに見直すことで、タイヤの無駄な動きを抑制し、転がり抵抗も低減します。

・新トレッドコンパウンド
耐摩耗性の向上した新開発のトレッドコンパウンドを採用することで高次元のロングライフ性能を実現。タイヤに求められる諸性能を犠牲にすることなく幅広い走行条件に対応します。

・24分割モールド
24個に分割されたモールド(金型)を使いタイヤを成形するため、ユニフォミティー(タイヤの重量・剛性および寸法の均一性)が向上します。均一な接地面を確保し、耐偏摩耗性に貢献します。

・デルタサイプ
  特にコーナリング時のウエットグリップを確保するとともに、7°に傾斜したサイプが最適なブロック剛性を確保し、耐偏摩耗・ライフ性能向上に貢献します(当該タイヤの諸性能を最大限発揮させるために回転方向指定マーキングを定めています)。




コメントする