2015年4月23日 11:10
極東開発、高圧大容量ポンプユニット搭載のコンクリートポンプ配管車
極東開発工業は、このほど高圧大容量ポンプユニットを搭載したピストン式コンクリートポンプ配管車「ピストンクリート PT110-10」を開発し、5月6日より発売する。
配管車とは、折りたたみ式のブームを搭載したブーム車に対して、ブームを搭載せず、車両のポンプユニットから直接配管を繋いで打設現場までコンクリートを圧送するコンクリートポンプ車のことで、ブーム非搭載のため車両の全高が低くなることなどから、高さ制限のある場所や配管が一定程度固定される大型建設物などで使用されている。

新型車は、昨年2月に発売した「ピストンクリート PY135-28-H」で実績のある、16.0MPa(従来機(PT85-10)比35%アップ、高圧圧送時)の最大吐出圧と、112 ㎥/h(従来機比30%アップ、大容量圧送時)の最大吐出量を誇り、緻密な電子制御による大幅な低騒音化(従来機比)を実現した高圧大容量ユニットを搭載した配管車である。また、シャシーにホイールベース約5550 mmのGVW22トン車を採用することにより、あらゆる現場に対応できる機動性を確保している。さらに、見やすく使いやすい操作パネルにより安全かつ確実な作業性を実現。また、標準圧送と高圧圧送をスイッチひとつで切替えられるワンタッチ切換スイッチも標準装備している。なお販売価格 6300 万円(希望小売価格、消費税抜き・シャシー価格込み)となっている。

PT110-10.jpg

コメントする