2015年4月 8日 21:43
日野デュトロ、安全装備を充実させて5月7日より発売
3-TKG-XZU605M-TQMMB (1024x620).jpg
日野自動車は小型トラック「日野デュトロ」を改良して、5月7日に発売する。
日野は、安全装備を標準装備として普及を促進することが交通事故削減に効果的と考え、従来より標準装備化を推進してきたが、今回の改良では、車両安定制御システム「VSC」および「電動パーキングブレーキ」をディーゼル車およびハイブリッド車に標準装備とし、安全装備を充実させた。「日野デュトロ」のVSCは先進安全自動車(ASV)技術としての「車両安定制御装置」の技術的要件を満たしており、装着車はASV減税の対象となる。
またハイブリッド車はエコカー減税の新たな区分「2015年度燃費基準+15%達成」の適用対象となり、取得税、重量税がともに免税となる。

VSCは、横転や滑りやすい路面でのドリフトアウトやスピンを抑制するために、警報音やエンジンの出力制御、またブレーキを作動させることでドライバーの危険回避操作を支援するもの。
vsc (1024x555).jpg
電動パーキングブレーキは、電動モーターがパーキングブレーキケーブルを牽引することで制動力を発生させる仕組みで、軽いレバースイッチのON・OFF操作だけでパーキングブレーキの作動・解除が可能である。また、車両の状況に応じて引き代を自動コントロールするため、常に制動力を確保し安全・確実な駐車をサポートする。

epb (1024x681).jpg


コメントする