2015年3月31日 17:17
三菱ふそう、新社長にマーク・リストセーヤ氏
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)では、定時株主総会および取締役会の承認を経て役員人事を発表した。新社長には、MFTBC取締役副社長、セールス・カスタマーサービス本部長のマーク・リストセーヤ氏が、2015年4月1日付で、ダイムラー・トラック・アジア部門総責任者およびMFTBC代表取締役社長・CEOに就任。リストセーヤ氏は、ダイムラー・インディア・コマーシャルビークルズ社(以下DICV社)をCEOとして立ち上げ、インドの商用車市場における同社の地位を築いた実績がある。2014年8月からは、MFTBCとDICV社の販売・カスタマーサービスを含むダイムラー・トラック・アジア部門の全ての販売部門と、DICV社を統括してきた。2015年4月からは、MFTBCをはじめダイムラー・トラック・アジア部門のすべての事業の責任を担うことになる。

Marc Llistosella0812.jpg


また、MFTBC代表取締役社長・CEOのアルバート・キルヒマン氏は、2015年4月1日付で、MFTBC取締役会長およびダイムラー・トラック・アジア部門会長に就任。MFTBC取締役会長の鈴木孝男氏は、2015年4月1日付で、MFTBC相談役に就任する。さらにリストセラ氏の後任として、メルセデス・ベンツUK、トラック部門マネージング・ダイレクターのミヒャエル・カンパー氏が、2015年4月1日付で、MFTBC取締役副社長およびセールス・カスタマーサービス本部長に就任する。

 

コメントする