2015年2月12日 14:19
日野自動車、新田工場で大型エンジン工場の鍬入れ式を実施
  日野自動車は、グローバル生産供給体制の構築を進めており、国内においては古河工場(茨城県古河市)・新田工場(群馬県太田市)を中心に、工程の再編・整流化を推進しているが、その一環として2月12日、新田工場にて大型エンジン工場の鍬入れ式を行なった。現在日野工場(東京都日野市)で対応している工程を新田工場に移管する計画で、2016年央の稼働開始を予定している。これによって、既存の中小型エンジン生産に加えて大型エンジンの生産が始まることになり、すべてのエンジン生産が新田工場に集約されることになる。新しい大型エンジン工場は、生産効率の向上を図るだけでなく、中型エンジンにも対応可能な、汎用性の高い生産ラインとし、量や種類の変動にもフレキシブルに対応していく計画である。
 日野は、多様なユーザーニーズを満たす車両をより早く提供するため、モジュール化を軸とした地域適格商品の開発と、生産供給体制のグローバルな最適化を進めている。モジュール化の考え方に基づき、基幹部品であるコア部品と、ユーザーニーズに応えてカスタマイズするための周辺部品に分け、コア部品については、共通化を進めて日本で集中生産する計画である。
  この計画のもとで、新田工場はユニット生産におけるマザー工場として、エンジンやトランスミッション、デフキャリアの生産工程を集約、一貫生産し、古河工場をはじめとする国内外拠点に供給していく。昨年7月にはデフセンターが稼働を開始し、日野工場から大型デフ生産の移管を始めるなど、生産工程の集約・最適化を着実に進めている。 
 また、ユニット生産においては新田工場がマザー工場となるのに対し、大中型車両生産のマザー工場の役割を担うのが、古河工場である。2012年からKD工場が稼働を開始し、2015年度初にはアクスル工場の稼働開始を控えているが、フレーム工場・キャブ工場・車両組立工場の鍬入れ式を2月9日に行なった。これらの工場も、2016年央より順次、稼働を開始し、古河工場は、2017年初には本格稼働を開始する予定である。

hinomain4.jpg


コメントする