2014年8月21日 12:18
「トラガール」 始まる!
自動車運送事業等における労働力確保対策の一環として、国土交通省の音頭取りで、女性トラックドライバーの活用促進に向けた積極的な取り組みが始まろうとしています。そのアドバルーン的な役割を果たすのが「トラガールサイト」の開設。「トラガール」とは、トラック+ガールを組み合わせた女性トラックドライバーの愛称とのこと。ちなみにこの愛称ですが、当初は「トラジョ」に内定していたらしいのですが、有識者懇談会での意見を踏まえ、再検討を実施。関係各方面に新しいネーミングを募った結果、約30の愛称案が集まり、それを国土交通省自動車局内の全女性職員(50名)にアンケート形式で投票(複数回答可)してもらったそうです。その結果、

①トラガール       26票
①トラッ娘(とらっこ)  26票
③ハコジョ(運ぶ+女子) 24票
④キャリー・ウーマン   23票
⑤箱ガール(はこガール) 19票

となり、最終的に「トラガール」が選ばれたとのこと。ちなみに「トラジョ」は13票で、そのほか「姫トラ」「ドラ美」「トラ美」「トラックレディ」といった案が出ていたそうです。さらにアンケート後に自動車局内の女性職員より「はこびひめ」「トラージョ」「運送女子」「トラ乙女」「貨物女子」「ドラジョ」「配送女子」「トラックヴィーナス」「トラジェンヌ」などのネーミング案が寄せられたんだとか。
ちなみにキャップがかつて命名した「なでしこトラッカー」は、候補にものぼらなかったみたいです。採用されればPUNKさんが第1号だったのに、残念だな~(笑)。

ちなみに下は、トラガールサイトのPRのためのイメージで、サイトはURLの公表を含め8月29日にオープンの予定です。

トラガールサイト.jpg

ただ、上のイメージに関してちょっと苦言を呈すると、トラガール促進プロジェクトを紹介する文章に「業界に華やぎを与える女性ドライバー(トラガール)が増えてきました。」とあるけれど、これは、男性目線の性差別的な表現とも受け取られかねません。働く女性は「職場の花」なんかじゃないんですよ。「フルロード」なら「業界を活性化する元気な女性ドライバー(トラガール)が増えてきました。」とします。また、上の女性ドライバーのイラストですが、シートベルトを締めましょう!
なんか揚げ足取りみたいなことを言っちゃいましたが、本誌でも「トラガール促進プロジェクト」を極力応援するつもりなんで、変なところで躓いてほしくないんです。ちなみに「フルロード」第14号では、~~未だ はびこる「女のくせに」を蹴っ飛ばせ! 自立するシングルマザーは強いのだ~~ と題した女性トラックドライバー「本音」座談会をはじめ、トラックドライバーさんの生の声を大特集する予定です。現在鋭意編集中! ぜひ本気の「フルロード」にご期待ください!


コメントする