2014年6月23日 18:05
三菱ふそうス―パグレートV 川崎工場で披露会開催
エコブルーグリルが光る低燃費志向の新大型トラック登場!

LR_IMG_0192.jpg

イメージカラーのシルバーのボディに青いエコブルーグリルが新鮮な「三菱ふそうスーパーグレートV」に遂に対面である! 三菱ふそうでは本日、5月29日に発表・発売した新型大型トラック「スーパーグレートV」のメディア/ユーザー向け披露会を国内外への主力生産拠点である川崎工場で開催した。生産工場で披露会を開くのは珍しい試みだが、併せて組み立ての生産ラインの見学会も実施。平成27年度重量車燃費基準+5%を達成した低燃費志向の新大型トラックの高品質な商品性をアピールした。以下、三菱ふそうのプレスリリースをもとにスーパーグレートVの概要をお伝えする。

IMG_2262.JPG
IMG_2562.JPG

新型大型トラック「スーパーグレートV」は、国内初のアシンメトリックターボチャージャーや国内初の電子制御可変流量ウォーターポンプを採用した最新の6R10エンジンを搭載するとともに、電子制御オートクールファンカップリングやISS(アイドリングストップ&スタートシステム)を標準装備し、トップクラスの燃費を実現した。これにより平成27年度重量車燃費基準+5%達成車となるとともに、低排出ガス車認定車(NOx&PM10%低減)となり、エコカー減税(取得税80%軽減、重量税75%軽減)の対象となる。また、安全装備についても、自車の安全のみならず他車への安全を高めるよう、標準装備の拡充を図った。外観および内装には低燃費・高品質をイメージするシルバーやブルーラインを各所に配したデザインを新たに取り入れた。「スーパーグレートV」は、燃費性能、安全性能、動力性能など、トータルで優れた大型トラックとして生まれ変わった。

●「スーパーグレートV」の特長
(1)平成27年度重量車燃費基準+5%達成
「低排出ガス車認定車(NOx&PM10%低減)」に加えて、「平成27年度重量車燃費基準+5%達成」により排出ガス規制適合識別記号「QPG-」に適合した。エコカー減税(取得税80%軽減、重量税75%軽減)の対象となる。
(2)国内初のアシンメトリックターボチャージャーを導入
今回初めて、ターボチャージャーに新開発のアシンメトリックターボチャージャーを採用した。アシンメトリックターボチャージャーは、2つの排気ガス流路を持ち、それぞれにウェイストゲートバルブ、EGRバルブを設置。この構造とバルブの連動制御により高過給圧と高EGRを実現し、燃費を改善するとともに、尿素水(AdBlueR)消費量を大きく低減する。なお、本技術は既にダイムラーグループの大型エンジンに幅広く採用しているもの。
(3)国内初の電子制御可変流量ウォーターポンプを採用
ウォーターポンプの流量を水温に応じて流体クラッチで制御し、より効率的なエンジン冷却を実現するとともに、ポンプの駆動損失を低減し燃費改善に寄与する。
(4)電子制御オートクールファンカップリングを採用
ラジエーターファンの増速により冷却性能を向上(一部車種除く)した。電子制御の採用で冷却が必要な時のみファンが作動し、余分な駆動ロスを抑え燃費向上に貢献する。
(5)ISS(アイドリングストップ&スタートシステム)を標準装備
車両停車時にエンジンを停止させることでアイドリングによる無駄な燃料の消費を抑制する。
(6)安全装備
AMB(衝突被害軽減ブレーキ)、MDAS-III(運転注意力モニター)[長尺カーゴ系]、ESP(車両挙動安定装置)[トラクター系]などを標準装備している。
(7)その他
① 外装に低燃費・高品質をイメージしたスーパーミラー(シルバー)、エコブルーグリル、シルバーランプベゼルを新たに採用した。 
② 内装にブルーメーターリング、プレミアムブラックステアリングホイールを新たに採用し、ダッシュボード等は高級感のあるプレミアムグレーの内装色とした。 
③ 時計付AM/FMラジオ(外部入力端子USB&AUX付)&CDプレーヤー、オーバーヘッドコンソールボックス(助手席側)、オートクルーズ(車間距離保持機能付)[長尺カーゴ系]を標準装備した。
 
LR_IMG_0230.jpg

LR_IMG_0279.jpg

●フラットパネルウイング「D WING」のモデルチェンジ
㈱パブコと共同開発した、軽量ボディ「D WING」が初のモデルチェンジを実施した。クラストップレベルの荷室スペース、環境に配慮した竹床材、強度と軽量化を両立したサンドイッチパネルに加えて、サイドフレームの一体構造化、サイドパネル・リヤドアの内板色の白色化、リヤ開口面積の拡大など、ユーザーの声を反映し、商品性を大幅に向上した。

LR_IMG_0269.jpg

●コメント
今回の新型大型トラック「スーパーグレートV」発売について、MFTBC代表取締役社長・CEOのアルバート・キルヒマンは、「スーパーグレートVは新技術エンジンの採用などにより大幅な燃費改善を実現し、実燃費においても№1の実力を備えています。社内の実験結果では、当社従来車は他車と比較して5%の省燃費を実現していますが、このスーパーグレートVはさらに5%の燃費を改善しており、市中を走行するほとんどの大型トラックに対して、10%の省燃費というコストメリットをお客様へ提供できます」と述べた。
またプロジェクトリーダーであるトーマス・デッカーは、「スーパーグレートVは、実燃費における究極の解決策の一つのゴールとして開発しました。燃料費は、トラックの総所有コストの三分の一にもなります。事業者の皆さんがコントロールできるのがむずかしい出費です。これは、世界中で挑戦してきた共通の課題です。しかしこの日本では、トラックは90%以上の貨物を輸送するとともに、日本経済を支える屋台骨なのです。燃料費というのは、深刻な問題になっています。だからこそ、当社は真の燃料費削減のチャンピオンとして、スーパーグレートVは、市場で走っている競合他車と比較し、最大10%の燃料消費コスト(軽油+AdBlueR)を削減しています。また、従来モデルでも最大5%の燃費コストの優位性があり、今回のスーパーグレートVで、さらに5%の改善を達成しています。つまり最高の燃費により、日本のお客様に経済効率を高める要因をもたらします」と述べた。

IMG_2600.JPG


コメントする