2014年3月27日 14:39
極東開発から長尺物の積載に最適なテールゲートリフター
極東開発工業は、垂直昇降式テールゲートリフターの新機種として、「パワーゲートⅤ600長尺ゲート」を開発し、平成26年4月1日から発売する。今回の新機種は、垂直昇降式テールゲートリフター「パワーゲート Ⅴ600」の新たなラインナップとして開発したもので、プラットホーム(荷物を載せる部分)の長さを1500mmおよび2000mmとすることにより、バイクなど長尺物の積載に適した製品となっている。
「パワーゲート®V600長尺ゲート」の特徴は、
①種類の長尺プラットホーム
プラットホーム長を1500mm(積載能力600kg)と2000mm(積載能力450kg・二枚折れ仕様)の2種類設定。標準プラットホームの1.7~2.3倍の長さで、全長の長い大型バイクなどを積載することも可能。 
②作業時の安定性を確保
サポートリンクを装備しており、積載時のプラットホームの「たわみ」を大幅に軽減している。重量のある荷物を積載する時も、安全で確実に作業を行なうことが可能である。
③オートターン機能を標準装備
プラットホームのオートターン(自動開閉)機能を標準装備したことにより、プラットホームの開閉を楽に行なことができる。
④プラットホームエキスパンド仕様をオプション設定
長尺ゲート専用オプションとして、後方視界を確保するプラットホームエキスパンド仕様を設定している......など。
なお、販売価格は83.5万円~93.5万円(希望小売価格、取付費込み、消費税抜き)で、販売目標台数は 80台(平成27年3月期)。

V600長尺ゲート.jpg

コメントする