2013年9月28日 20:57
キャンター エコ ハイブリッド「燃費チャレンジカップ」ラウンド3
東海道新幹線のガードを三度くぐる東海ラウンドの目標燃費は13.4㎞/l!

キャンター エコ ハイブリッド「燃費チャレンジカップ」第3戦となる東海ラウンドは10月19日(土)の開催だ(予備日20日)。愛知県一宮市萩原町の東海ふそう一宮サービスセンターを起点に、反時計回りに市街地を周回する23.9㎞のコースである。

IMG_8642 (1024x683).jpg

一宮サービスセンターを出発したら国道155号線を走り、串作の交差点を左折。名鉄尾西線の踏切を渡ると、そこは昭和にタイムスリップしたような萩原商店街だ。

IMG_1123 (1024x683).jpg
串作の交差点を左折します

IMG_0840 (1024x683).jpg
昭和へタイムスリップする(?)萩原商店街のアーチ

IMG_0887 (1024x683).jpg
ちなみに萩原商店街は「チンドンの街」で街おこしをしており、「全国チンドンコンクール」を開催しているそうです

IMG_0892 (1024x683).jpg
名字なのか屋号なのか、この商店街にはオケトウさんにマルマゴさん、ユイノウさんにカゴウメさんなどの珍しい名前が多かったですね。この写真は、クリーニングセンター「カゴウメ」さんの路地からパチリ

商店街を抜け日光川を渡ると、最初の東海道新幹線のガードが......。そう、この一宮サービスセンターコースは、東海道新幹線のガードを三度くぐるコース設定なのだ。田んぼや畑もある市街地コースで、渋滞や踏切もあり、平均速度はそれほど高くはない。そして3つ目の新幹線のガードをくぐったら、ゴールはすぐそこ。

IMG_1236 (1024x683).jpg
この3つ目の東海道新幹線のガードをくぐったら、ゴールはすぐそこです。ところで「フルロード」の燃費計測の日は、名古屋をはじめとする東海地方は局地的豪雨に見舞われ、おそらく写真の「のぞみ」のあと、東海道新幹線は約5時間にわたって不通となりました

さて、「フルロード」が23.9㎞の一宮サービスセンターコースを走った結果、所要走行時間約60分で、燃費は13.4㎞/lを記録した。これが東海ラウンドのターゲット燃費だ。多賀まりお氏が伝授するその「走りのコツ」は、以下の通り。

●多賀まりおのワンポイントアドバイス
かすかな下り坂の続く前半部分は燃費値がどんどん上がっていきますが、後半は上っているので気をつけないとじわじわ落ちてきます。でも信号は少な目なので5速、状況によっては6速を選んで低回転を保つ走りで燃費の稼げるコースです。

IMG_1011 (1024x683).jpg

なお東海ラウンドの燃費チャレンジの応募締め切りは9月30日(月)23時59分まで。「フルロード」の記録に挑戦したい人は、下記にアクセスして応募して欲しい。待ってま~す!

http://fusoeco.com/entry/nenpi/index.html




コメントする