2013年9月21日 23:10
キャンター エコ ハイブリッド「燃費チャレンジカップ」ラウンド1
早くも屈指の好燃費コースが登場! 東北ラウンドの目標燃費は14.8㎞/l!

キャンター エコ ハイブリッド「燃費チャレンジカップ」の皮切りは東北ラウンド。仙台空港にほど近い東北ふそう仙南支店を起点にした約33㎞のコースがその舞台だ。「日本縦断エコラン」の際も大浪光男支店長をはじめとする皆さんにお世話になったが、仙南支店は2年半前の東日本大震災の際に津波に襲われたものの、被災後、約半年でオープン。復興を支えるトラックの頼もしいパートナーとなっている。スタッフの強い熱意と並々ならぬ尽力によって、見事に再建を果たした仙南支店は、まさに「チャレンジ!」の皮切りにふさわしい最高の舞台だ。

いちIMG_1435 (1024x683).jpg
にいIMG_1436 (1024x683).jpg
仙南支店の部屋の壁に貼られていた被災直後の様子を写した写真

さんIMG_1442 (1024x683).jpg
被災後、半年でオープンした仙南支店は、今でも復興を力強く後押しする存在となっている

その仙南支店コースは、仙南支店を出発し岩沼市を中心とした市街を時計回りに周回するコースだ。今も復興工事のための車両、特にダンプカーがひっきりなしに行き交っている。東北ラウンドの「燃費チャレンジカップ」は10月5日に行なわれるが(予備日10月6日)、どうだろう、ちょうどその頃は稲刈りの時期かもしれない。内陸側は稲穂が垂れているものの、海側は除塩工事を待つ荒れた農地が続く。そして阿武隈川を渡ったのち、常磐自動車道(仙台東部道路)の下をくぐり、内陸側を走るコースへ。道も空いており、比較的走りやすいコースだ。

よんIMG_1558 (1024x683).jpg
海側には今も荒れた農地が拡がっている

ごうIMG_1989 (1024x683).jpg
阿武隈川を渡る

さて、「フルロード」が33㎞の仙南支店コースを走った結果、所要走行時間約1時間で、燃費は14.8㎞/lをマーク。キャンター エコ ハイブリッドのカタログ燃費は12.8㎞/lなので、それを2㎞/lも上回る好燃費を叩き出してしまった。その値にビビって挑戦しない人が出なければ我々の不戦勝だが(笑)、やっぱりここは「チャレンジ!」ですぜ。それに例の「燃費マイスター」にも、このコースの省燃費走行の秘訣を聞いているので、以下をヒントに頑張ってください! 待ってま~す!

●多賀まりおのワンポイントアドバイス
ここは高低差が少なく信号も少ない、距離も長いため、全国のコースの中で最も優れた値を記録する条件が揃っています。こうしたコースでは高めのギア+低回転数で燃費の良いポイントを探し出し、なるべく一定の負荷で連続走行するのがポイントになってきます。

ろくIMG_2037 (1024x683).jpg

 

コメントする