2013年6月30日 08:58
タイヤ屋ハマダユキオの「車輪の下」 No.95
トラックアライメント測定 低床4軸1軸目左の偏摩耗

三菱ふそう
装着タイヤサイズ・・・265/70R19.5
測定時走行距離・・・・523137Km

いち137120550336713127491_2013061114040000.jpg
▲三菱ふそうユニック付き低床4軸。左1軸目の偏摩耗による修理工場さんからの測定依頼。
さて・・・じゃぁタイヤをチェキいたしませう。

にい137134512663213212059_2013061114050000.jpg
▲まずは右1軸目の様子。Y社のタイヤ装着のため、交換履歴等は不明。

さん137134522221913211790_2013061114050001.jpg
▲続いて右2軸目。とくに症状なしです。

よん137134530383413212687_2013061114040002.jpg
▲こちらは左の2軸目。片減りや早期摩耗は無さそうです。

ごう137134537015913213962_2013061114040001.jpg
▲さて・・こちらは問題の左1軸目。フロント4本は同じ時期に入れた様子ですが、このようにここだけ偏摩耗しております・・・・

ろく137134550651713211790_2013061114270001.jpg
▲1軸目の測定データ。んん~~~TOE OUTですが・・・1mmですからねぇ・・・まぁ・・OKじゃ~ないですか?走行抵抗で前が開くことを考慮して・・・ちょっとINに調整しますかね・・・

しち137134566162113104966_2013061114290000.jpg
▲続く2軸目の測定データ。ほぼ0mmのTOEに平行度もまっすぐ・・・前2軸にしては珍しいデータ(?)ここは調整する必要は無いでしょう・・・・。

はち137134578651313104966_2013061115280000.jpg
きゅう137134581426513213962_2013061115290000.jpg
▲リアの3軸、4軸の測定データ。両軸共、右へ向いております・・・ただ・・ふそうさんのトレーリングリーフ式エアサスは調整箇所がございません・・・・なのでこのままっす。左1軸の外減りはこのリア軸の影響かもしれませんねぇ~・・・。

で・・・今回、
ユニック車でしたので、ちょっと実験をしてみました・・・。
上記の測定データー(フロント)はユニックのブームを後方にて測定。
で、
ブームを前にするとTOEはどのように変化するのかやってみました・・・・。

じゅう137134619738113214747_2013061114340000.jpg
▲ブームを前方へ。

じゅういた137134624769613214744_2013061114410000.jpg
▲こちらは1軸目。TOEがINの方向へ変化してますね。約0.5mm。静止状態で0.5mmですからね。走行中でブレーキング時や凸凹でサスが沈んだ状態になると、これがさらに大きな数値になると思います。

じゅうに137134643790613106651_2013061114350000.jpg
▲2軸目の測定データ。こちらはOUT方向へ変化しています。注目すべきは個別のTOEが揃っていますよね? これは荷重がフロントに掛かった時、リンクロッドが引っ張られて2軸目の向きが変化した証拠です。この構造は各メーカーさほど違いはないので、同じように変化いたします。なので・・・前2軸の平行度の調整の場合、空車の時は少し2軸目を左に向けて調整いたします。興味のある方は過去の低床4軸または前2軸の調整結果を参照してみてくださいませ~!
それで・・・
フロント左の1軸目の偏摩耗なんですが・・・
上記のことを踏まえればブーム前方+リア軸右向きで、外減り傾向になりそうなんですが・・・
ユニック分、荷台がリアへオフセットされています。
オフセットされていますのでリア荷重が増え・・・
もしかしたらフロント1軸目は実車の時は荷重が抜けてTOEが開く方向になり・・・TOE OUTへ。
ある時は前荷重でTOE、IN、ある時はTOE、OUTになりあのような内外げ減るのではないのかな・・・と。

じゅうさん137134717713613107509_2013061115030000.jpg
▲こちらは悩んだ挙句1軸目をTOE INにしたデーターです。いくらか・・・ハンドリングの安定感と偏摩耗が抑えられればいいのですが・・・・・・。

★ハマダユキオの「絵描き屋のブログ」
http://blogs.yahoo.co.jp/nyha920811   


コメントする