2013年3月26日 14:17
日野自動車のハイブリッドトラック・バス、販売累計1万台突破

当初は「HIМR」なんて名乗っていましたが、日野自動車のハイブリッドシステムを搭載するトラック・バスの販売累計が1万台を突破しました。以下、日野自動車のプレスリリースの要約です。

日野自動車は、ハイブリッドトラック・バスのグローバルでの累計販売台数が2013年2月末までに10,028台となり、1万台突破を達成した。商用車メーカーとして1万台を突破したのは世界で初めてのこと。
 
日野は、1991年に世界初のハイブリッド市販車となる大型路線ハイブリッドバスを発売して以来、商用車の環境技術のフロントランナーとして技術革新を進めてきた。大型路線バスに加えて、現在までに大型観光バス、中型トラック、小型トラックとハイブリッドシステムの搭載車種を増やしており、高い環境性能や燃費性能が評価されて国立公園などの観光地や都市内配送などで活躍している。
 
特に小型トラック「日野デュトロ ハイブリッド」は、クラス世界初となる2003年の発売以降、ハイブリッドトラック・バス全体の販売を牽引してきた。2011年7月のフルモデルチェンジでは新世代ハイブリッドシステムの搭載によって燃費を大幅に向上させ、これまでの大口のユーザーに加えて小口や自家用のユーザーにも好評いただいている。  
また、小型ハイブリッドトラックは海外へも展開しており、2007年のオーストラリアを皮切りに、最近は米国などでも販売を開始し、現在日本を含め世界7ヵ国で販売している。今後もハイブリッド車のメリットが発揮出来る市場への導入を検討していく。
 
日野は商用車の環境技術について、導入コストとランニングコスト、走行距離や積載量など、商用車ならではの使用条件においてバランスが良いことから、ハイブリッド技術が現時点で最も適していると位置付けて開発を進めている。さらに、これまでハイブリッド車開発で培ってきた技術を活かし、PHVやEVといった次世代低公害車の研究開発にも積極的に取り組んでいく。

ちなみに車種別累計販売台数の内訳は、小型トラック80.3%(8049台)、中型トラック9.7%(968台)、大型路線バス8.5%(865台)、大型観光バス1.5%(146台)となっている。

1万台IMG_5243.JPG


コメントする