2013年3月25日 17:01
日本フルハーフ、40/45FT兼用海コンシャシ発売

海コンシャシといえば、長さは20FTと40FTの2種類というのが通り相場でしたが、国際的に普及し始めている45FTシャシの導入機運も高まり、いよいよ日本フルハーフから40/45FT兼用シャシが正式に発売されました。特区から全国区になるか? 45FT海コンシャシ! 以下、日本フルハーフのプレスリリースの要約です。


日本フルハーフは、ISO40/45FT(フィート)積載兼用コンテナシャシトレーラ(型式K-FKGG340S改、商品名<ポートエース4045>)を3月11日より全国一斉に発売した。
45FTコンテナは2005年にISO規格化。40FT背高コンテナより約1.5m長く、容積が13%大きい。そのた、物流面ではコストや二酸化炭素排出量の削減効果が見込まれ、世界でも米国―中国間の取り扱いが増加するなど利用が拡大している。
国内では宮城県が2011年3月に特区の認定を受け、45FTコンテナの運行が開始された。日本フルハーフでは、今後も国内での同コンテナの利用ニーズ拡大が見込まれるため発売したもの。
商品特徴としては、現在、国内の45FTコンテナの取り扱いはまだ数パーセントであるため、40FTと45FTの兼用シャシにすることで、稼働率向上に貢献する。伸縮機構は前部ボルスター部をスライド式にし、後部はバンパーをスライド式にした。車両重量は4,655kg、全長は13,455mm (40FT時)、13,835mm (45FT時)、全幅2,470mm。タイヤは385/65R22.5-160Jのスーパーシングルタイヤを履いている。販売価格は505万円。

KFKGG340S改.jpg


コメントする